普通じゃない?

今日は山のガイドブックの仕事の打ち合わせ。

デザイナーさんと、編集担当と。雑談をしながら、今回のガイドブックのフォーマットデザインを発注。どんな人たちをターゲットにしているのか、どんな本にしたいのか、同業他誌との相違点はなにか…思っていることを伝えて、形にしてもらうための依頼。楽しいけど、うまく伝わるかな…ちょっと緊張します。

話をする中で、今回デザインをお願いするKさんが、登山の経験はまったくないけど、興味はある…という話になり、じゃあ、読者モデルとリサーチもかねて、一緒に山にいきましょう、となりました。どこにいこうか、事前にどんな準備が必要か…話していると、いろいろと気づかされて面白かったです。

今回彼女を案内しようと思っているのは、歩程4時間弱の低山。「え、、4時間ですか?歩けるかなぁ…」と一瞬不安そうな彼女。いやいや、ゆっくり歩けばホントに疲れず、気持ちよく歩ける(人によっては物足りないかも)な山だから…。でも考えてみたら、全く山を歩いたことのない人は、4時間どころか2時間歩きっぱなし(休憩はするけど)な体験さえしたことがないだろうし。4時間歩きますよ、なんて言われたら、けっこうドキドキするのかも。…忘れてた、そんな感覚。

靴はスニーカーしかないけどいいのかな? リュックは新しく買わないとだめ? いろいろと質問を受けると、なるほど、はじめての山登りでは、そういうところが気になるんだな、分からなくて困るんだな、というのがよくわかります。いい勉強になりそうです。

そろそろ気温も低くなり、風が少しずつ秋めいてきました。
低山歩きに適したシーズン。仕事もちょっとがんばらなくては。
[PR]
Commented by ままみ at 2009-09-17 10:13 x
そうですよね。
妹もあるかない人なので、誘う時は、靴も雨具も着るものすべて貸して、
楽しいって思える時間と標高の場所を探しています。

今回は、北八ヶ岳に行ったのだけど、双子池近辺だけでもドキドキだったみたいです。

昨日、田部井淳子さんの「いつでも山を」を借りてきました。

Commented by ニシ at 2009-09-17 15:47 x
>ままみさん
山をしない人を山に誘うときは、、いろいろ考えますよね。
昔はそういうお友達ともよく山に行ったのですが、
最近は会関係の人としか行かなくなったので、けっこう新鮮です。

北八ツ…いいですよね。近いうちに行く予定です。
by toshizo-Ni | 2009-09-17 01:30 | 仕事のこと。 | Comments(2)