お馬のいる山

文化の日、山にいってきました。

陣馬山です。例によってお仕事です。小仏バス停から歩き始めて、景信山を経由して陣馬山に向かい、下山は陣馬温泉のある栃谷尾根を下りました。

前日までの雨が空を洗い流したかのような快晴。しかもこの日は気温がとても低く、空気が澄み切っていました。うっそうとした森の中の道を登り、景信山に到着すると…、真っ白く雪をかぶった富士山が出迎えてくれました。駿河湾は海岸線がきれいに眺められます。関東平野の向こうには筑波山も。こんなにいい天気なのは珍しいよ、と常連ぽい人たちに口々に言われて幸せな気分…。景信山の茶屋ではとれたてのきのこを売っており、大きななめこを買ってしまいました。

気持ちよく稜線を歩き、到着した陣馬山には、なぜか白い馬の像(オブジェ?)が。いつ見ても不思議な、ちょっと興ざめ?な山頂です。でもこの日はずっと天気がよく、富士山もばっちり。ぐるりと山々が見渡せて、それだけで幸せな気分になります。のんびりと休憩。

下山に選んだ栃谷尾根も心地よい道。終わってみれば5時間以上歩いたのに、さほど疲れも感じることなく、気持ちよく下山することができました。いい山でした。バス停に着いたらすぐにバスが来て、駅に着いたらすぐに電車が到着…という、なんとも絶妙のタイミングでした。

ちなみに、なめこは晩ご飯でおいしくいただきました。ごちそうさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-04 00:37 | 山や岩のこと。 | Comments(0)