ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

山行きすぎ。

手がけている山のガイドブックの仕事、佳境でございます。
アンケートにお答えいただいた山女子の皆様、ありがとうございました。

今週は比較的天気がよかったので、なおかつ来週はあまり天気がよくなさそうなので、集中的に山取材を進めていました。日曜日に日光の鳴虫山にいき、月曜日は奥武蔵の棒の折山、水曜日は冨士山麓の石割山、そして今日は丹沢の鍋割山。…天気の問題のほかにもいろいろと事情があり、山にいかなきゃいかなきゃ、と思って進めていたのですが、こうやって数えてみたら、1週間のうち4回…。そっか、気づかなかったよ。どうりで今日は疲れているなと思ったよ。。

ニシたろさんには「ばっかじゃないの」と言われています。
ええ、ばかですが、何か?

しかし、いずれもとてもよい山でした。鳴虫山では日光連山の絶景を満喫し、棒の折山では沢筋の道を歩いて広葉樹の紅葉を楽しんで。石割山では雲の間から顔を出す大きな富士山にテンションがあがり、鍋割山では山頂の鍋焼きうどんの美味しさにため息をつき。

体力的にはしょっぱいけど、たぶんこれからさらに佳境でさらにしょっぱくなるけど、楽しい思いを糧に、もうしばらくがんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-20 23:08 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by Sumiko at 2009-11-21 16:30 x
そんなに山に行っていたのですか!
大変でしょうが、日記の文章は楽しそうです。
お疲れ様です。

鍋割山の鍋焼きうどん、ちょっいと憧れます。
Commented by ニシ at 2009-11-21 16:54 x
>スミコさん
はい。。。実はたろさんに言われるまで全然気づきませんでした。
え!あれれ!!という感じですね(笑)。
鍋割山の鍋焼きうどん、本当においしいですよ。
食べていたら、山雑誌の取材でカメラマンさんがいらしたのですが
「やっぱりここに来たら食べないと!」とおっしゃってました。
Commented by うし at 2009-11-21 17:41 x
冬に向けての体力トレーニングはばっちりですね。
うらやましい限りです。
Commented by ニシ at 2009-11-21 17:45 x
>うっしーさん
いやいやいや、、歩くことは歩いていますが、
荷物も全然担いでないし、歩く時間もさほど長くはないし。
トレーニングばっちりじゃ〜ないです(笑)。
明日から1泊で久々の泊まり山行です。荷物担げるか不安…。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧