真のイレブンクライマーへの道・その3

今日はクライミングスクールの3回目でした。

今日のテーマは「重心」。よい位置に重心がかかっていることを意識すること、スムーズな重心移動を、簡単なルートで反復練習しました。普段あまり意識していないことで、改めて言われてしてみると、頭が混乱してしまいますね。。形は同じようにしている気がするのだけど、無駄に力が入っていてやたらと疲れるのです。たぶん形だけ追っていて、何かが間違っているのかも。…何度もしているうちに、「うまくできた」ときがイメージできるようになりました。簡単な課題で反復練習すれば身に付くかなあ…。

で、宿題になっていた富士山壁の水色■(5.10D)。
スクール前、疲れていないうちに一度トライしたのですが、登りたいという気合いが空回りしすぎて、無駄に体中に力が入っていました。で、ふたつめの核心部分をクリアしてレストをしているときにフォール(なぜだ〜)。もうだめかも…とあきらめモードになります。

スクールで簡単な課題を何本も登り、腕はけっこう疲れ気味…と思っていたのですが、スクールが終わったらなんだか腕の疲れがとれているような。ダメもとでいってみようと思ってトライ。疲れているから下からレストをしっかり入れていきます。…あれ、ひとつめの核心がすんなりと取れて、あまり疲れてない。「いける、とれる」と自分に声をかけて進みます。ふたつめの核心も落ち着いて取れた。軽くレストを入れて、最近いつもフォールしてしまう終了点間際のホールドに手を伸ばします。…取れた!  あと一手、落ち着いて終了点に手を伸ばし、完登! 「とったどー!」と絶叫。

下から聞こえるスクールメイツたちの歓声。下に着いたらみんなと「原監督式グータッチ」をしまくりました。隣を登っていた常連さんからも「おめでとう!」と言われ、ホントに幸せな気分。もうこれを登らなくていいんだな、夢に出てくることもない。登れてよかった、ホントによかった。しかし、登れるときは本当にあっけないんだな〜。そして、先週がんばって登り込んだので、持久力もついてきたのかな。

しばらくはノルマの課題もなくなるはずなので、少し難し目のルートをいくつかトライしつつ、本数を多く登って持久力をあげていこうと思います。おつかれさまでした。
[PR]
Commented by うし at 2010-03-03 13:00 x
よかったですねー、おめでとうございます。
う~ん、何か技術を身につけることによって、壁をひとつ越えることができるんですかね。参考にさせていただきたいと思います。
Commented by ニシ at 2010-03-03 13:12 x
>うしさん
ありがとうございます。
今、スクールでしていることはたぶん、すごく基本的なことなのです。
ただ、それらを再確認し、意識することで登りやすくなるというのはあるのかもしれません。
あとは、スクール期間中はフリーパスなので、必然的に通い詰めることになり、回数を重ねれば上達するということだと思います。
Commented by ボン at 2010-03-04 14:55 x
おめでとうございます~!
今の壁、前より辛いから10Dとはいえ昔の11Aレベルなのでは??
真のイレブンクライマーに着実に近づいてますね!ガンバ~!
Commented by ニシ at 2010-03-04 15:14 x
>ボンさん
ありがとうございます〜。
うーん、近づいていけてるといいのですが、まだまだ道は遠い気がします。
でもでもがんばります〜。
たまにはご一緒しましょー。ビレイしますよ(笑)。
Commented by よね at 2010-03-04 18:49 x
おっ、着実に上昇カーブを描いてるねー
クライミングは、やった練習努力は裏切らないと思うよ。
すぐに成果が出なくても、コツコツと続けていれば絶対に結果はついて来ると思うんでガンバガンバ(^^/
最後の終了点に到達した瞬間の気持ち、自分のことのようによくわかって嬉しいねー
Commented by ニシ at 2010-03-04 19:11 x
>よねさん
ありがとうー。
そうだね、ある一定のレベルまでは「やればやるほど上手くなる」のがクライミングだと思います。今は、少しずつ上手くなっていることを実感できるので、モチベーションも上がり、さらに通い詰める…という、よいスパイラルにはまっているのかな。
東京に来ることがあったら、今度こそ一緒に登りましょう!
by toshizo-Ni | 2010-03-03 00:39 | クライミング。 | Comments(6)