春の雨・棒の折山

土曜日、山歩きをしてきました。

今回の目的地は、私が大好きでよく訪れている棒の折山。いつもと少し趣向を変えて、御嶽駅から高水三山を経由して棒の折山に向かい、下山はさわらびの湯に下るいつものルートでした。所属する会の後輩、Yちゃんと2人で歩いてきました。

…土曜日、雨予報でしたが、何か?

基本的に、多少の雨なら、山は十分に楽しめると思っている人間です。今回は土砂降りの雨になる見込みはなかったので、そして、少しがっつりと歩きたいと思っていたので、予定どおり決行です。

御嶽の駅についた時点で、すでにそぼそぼと雨が降っていたのですが、樹林に入ってしまえば無問題。気温はやや高めで、気持ちよく歩けます。道はホントによく整備されています。広くて、歩きやすい。さすが低山ハイキングの聖地・奥多摩です。すばらしい。

トレーニングもかねて、やや早めのペースで歩き、心肺機能の訓練もかねて(嘘)Yちゃんといろいろおしゃべり。楽しく気持ちよく歩いていきます。午後になるほど天気が悪くなりそうだったので、高水山はショートカット。結局、高水二山となりました。棒の折山に着いたときにはかなり雨は本降りに。あずまやで雨具を着て、さっさと昼ご飯を食べて、飛ぶように下山。早めに下山できたのでさわらびの湯で風呂に浸かり、広間でビールとおつまみ広げて反省会。反省会が長引いて、結局いつもの時間になってしまいました(苦笑)。

山はまだまだ冬枯れの雰囲気でしたが、よく見ると、木々には小さな木の芽がついていました。赤みがかった、力を蓄えているような芽を見ると、春ももう近いんだなぁ…ってうれしくなりました。そして山を下りると、里のあちこちで梅の花が。春ですねえ。

雨に降られたけど、とても気持ちのよい山行でした。やっぱり山はいいな、雨でも晴れでも。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-03-07 10:55 | 山や岩のこと。 | Comments(0)