ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

真のイレブンクライマーへの道・その5

火曜日はクライミングのスクールへ。今回で5回目です。

今回のテーマは「正対とフリ」。
どちらもすでに身につけているムーブだと思っていたのですが、、ひとつひとつ丁寧にレクチャーを受け、自分でしてみると、案外にできていないんだなって。何気なくしている動作をひとつひとつ意識すると、もっとしっかり次のホールドが取れるようになるのかも(すみません、ひとりごとのようですね…)。

ボルダリングエリアで登り込んだあと、ルートエリアで、簡単な課題を全部フリで登る、というのにトライ。やってみると案外に難しいんだな。でもとりあえずムーブはOK!と先生に言ってもらえました。よかった〜。

その後、前回の宿題になっていた、ほこら左壁の赤棒(5.10c)に トライ。ルーフ部分が怖くて乗り越せません。そこで燃え尽きてしまい、あとは全部ガバなのに何度もテンション。とほほ。…悔しいので、閉店間際にもう一度トライ。今度はテンションなしでずっと行けたのですが、最後に終了点を取ろうとしてフォール!(号泣) 下で見ていたスクールメイツたちに「なんでー!!」と絶叫されました。とほほほ。

あまりに悔しいので、翌日も仕事の合間にちょっとだけPUMP1に行ってしまいました(馬鹿?)。

とりあえずほこら左壁の赤棒は1発クリア。ヨボヨボでしたが、登れてしまえばこっちのものです(笑)。その後はいろいろな課題を触りつつ、最後に、スクールの新たな宿題となっている、戦艦壁の緑■(5.10D)にトライ。ビレイをしてくれたMさんにいろいろと教えてもらいながら、それでも3回ぐらいのテンションでゴールまでいけました。…これ、いけそうな気がします。ホールドに慣れ、傾斜に慣れれば私の好き系なルートかも。

が。このルート、壁の途中にゴールがあり、そのさらに先を進むと5.11Bという課題なのです。一応先に進もうとしたのですが、先に進める気がせず、心が折れてドロップアウト。…とりあえずは、ひとつめのゴールを目指すことにします。がんばろう〜。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-03-17 23:42 | クライミング。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧