ゲゲゲにはまる。

久々に、朝ドラにはまっています。

実家に暮らしていたころ、朝のテレビは必ずNHK、必然的に朝ドラを見ていたように思います。…が、結婚してから、自分ひとりのときにテレビを見る習慣はなくなりまして…。最後にはまっていたのが「ちりとてちん」。その後は全然見ていません。

ヒロインの松下奈緒さんが大好きなので(だって、美人なんだもの。それも、品のある美人)見始めたのですが、完璧にはまっています。録画するほどではないのですが、ほぼ毎朝見ています。見始めたら、相手役(水木しげる)の向井理さんにもはまってしまいました(爆)。いい感じです。メガネ最高!(大違)

今週は、東京で暮らしている娘を案じて父親がやってくる…という話。
テレビの前で号泣しっぱなしです。

…たぶん、ヒロインのフミエさんと自分をリンクさせているんだろうな(顔が、とかではありません。ええ!)。自分も30近くまで親元にいて、たぶん親にはずいぶんかわいがってもらったし、心配もかけたと思います。東京と安来ほどではないにしても、結婚で実家から離れました。近いと言ってもなかなか簡単に行き来のできない…スープは完璧に冷めてしまう距離。 先に結婚した妹は実家の近所に住んでいたので、「近くないところに娘が嫁ぐ」ことに、私の両親はフミエさんの両親と同じように寂しさを感じたんだろうな…と思います。

両親が私たちの住んでいるところに来たのは一度きりです。前の家から今の家に引っ越すとき。今の家を見に来てくれたのです。そのときに、前の家に立ち寄ってくれました。あとで妹から「あんなに狭い家に住んでたんだな」と父が驚いて(悲しんで?)いたと聞きました。その後、引っ越しが終わって、母と妹、銘は我が家に遊びにきてくれたのですが、父は忙しかったらしく、来られませんでした。…もっとしつこく来てほしいと誘えばよかった。

あばらやのような家、思い切り貧しい暮らしを見たフミエさんの父親が、驚き、怒り、心配する気持ち。自分の父親を見ているようで、胸がいっぱいになります。いいなぁ、親って。いいなぁ、娘って。

ゲゲゲを朝見ることで、生活のリズムもよくなりました。さわやかに朝おきて、さくっと仕事にとりかかれる。いい事づくしです。9月まで、どっぷり浸ろうと思います。
[PR]
Commented by 錆びたピッケル at 2010-05-22 09:29 x
は~~~い!一反木綿です。
懐かしい昭和の香りが満喫できるドラマですね。
我家でも、7時30分、45分、8時と三回TVでは流れています。そして、夕方は7時30分。
最後は土曜日の9時30分です。オラの野球を見る時間が・・・・。
親子の絆って、その時にはわからないものですね。母を亡くして23年にもなるのに、いろいろな親不孝が忘れられません。
父はまだ元気ですので助かります。農業の陣頭指揮をしています。朝5時から夕方まで・・・。(笑)
還暦の息子はたじたじです。
Commented by ニシ at 2010-05-22 09:44 x
>ピッケルさま
我が家では最近は7:30に。お昼に家にいれば12:45に見てしまうことも…(笑)。
主人公夫婦が美男美女というのはさておき(笑)、親子とか夫婦とか、自分にリンクできるものがいろいろとあって、共感できるドラマだなぁ…って思っています。
そうですね、亡くなった父のことを考えると、いい思い出より、できなかったこと、親不孝したことのほうがいろいろと思い浮かんで、悔やんでしまいます。そのぶん母や義父母に親孝行を…と思うのですが、なかなか思うようにはいきませんですね。
Commented by たけ。 at 2010-05-22 21:36 x
土曜の1週間分まとめ放送を録画して見ていたのですが、今日は録画に失敗していて凹み中です。
途中が抜けると見なくなったりするんですよね。
Commented by ニシ at 2010-05-22 22:58 x
>たけさん
あいやー、それは痛い。
今週は久々の父登場で泣かされっぱなしでした。
誰か録画している人がいればよいのですが…。
来週もまた波乱含みのようです。
by toshizo-Ni | 2010-05-21 19:01 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)