ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

真のイレブンクライマーへの道・最終回

火曜日の夜、3ヶ月通ったクライミングスクール、昨日が最終回でした。

先生が私たちのために作ってくれた(笑)、卒業課題を、全員が登りました。自分でルートの下見をして、実際にオンサイト方式(人の登りを先に見ない、自分で考えて登る)登ってみる。先生いわく5.10d〜11aの課題だったらしいです(でも今思うとたぶんイレブンはないかも…)。途中で苦手なホールドがあってうまく触れなくて時間がかかり、なんとなく不安を感じながら登っているうちに、真ん中あたりで腕がいっぱいいっぱいになってしまいました。クリップの位置が悪かったせいもあって、かなり横に振られてフォール。。とほほ。その後何度かフォールをしながらも、とりあえず上までいけました。

その後、外岩を登るための技術…ということで、自分でヌンチャクをかけながら登り、終了点で結び替えをする…という練習を。こちらは正直いつもしている(結び替えはほとんどしないけど)ことなので、比較的すんなりと。よかったです。

3ヶ月のスクール。難しい技術を学ぶというより、本当に基礎的なことをきっちりとおさえることで、自分の登りが変わっていくのがわかったような気がします。ホールドの持ち方であったり、スタンスへの足の置き方、乗り込み方。どんなに難しい課題でも、結局はひとつひとつの積み重ね。私が登るようなルートは、ありえないムーブをしないと取れないようなホールドなんてないんだなぁって。簡単なことをいかに正確にできるか。パワーをセーブしながら登り、核心部分で必要なムーブが繰り出せるか。

あとはひたすら登り込むだけ。仕事の合間を見つけて、通っていこうと思います。
丁寧に、熱心に教えてくださった先生に感謝。一緒に登ってくれたスクールメイツに感謝。ありがとうございました。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-05-26 08:54 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by ボン at 2010-05-26 17:07 x
お疲れさまでした!
スクールが終わってからが、伸び時ですよね。
コツコツ貯めていたお金を、バーッと使うときみたいな。(??)

対外岩のロープワークレッスンはいいなあ。
熟練者の方に時間を割いてもらうのも申し訳ないし、
こういう講習が単発であるといいな。

さてさて、本日これから夜プンプしようと思ってますよ!
Commented by ニシ at 2010-05-26 19:27 x
>ボンさん
そうですね、スクールのときって、実はあまり回数登れてないものね。
終わってから好きなだけ登れるようになったとき、
あれ〜?って思うのかな。だといいな。

夜プンプいいな。
今週はできたら金曜日にマダムるかなぁ…と思ってます。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧