ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

遥かな尾瀬・青い空。

週末、1泊で尾瀬にいってきました。

仕事でございます。いつものカメラマンさんと、今回はじめてご一緒する山ガール・山ボーイの方々、総勢5人でした。初日は尾瀬ケ原散策、2日目は至仏山登山の予定でした。ちなみに昨年もほぼ同じ時期に夜行日帰りで尾瀬に行ってます。そのときは雨&ガスでしたよ。

予報では初日はとりあえずよい天気、日曜日は曇りまたは雨予報でした。本当は晴れた日に至仏山に登りたいけど、土曜日に行動するのは時間の関係でまず無理。とりあえず尾瀬ケ原でしっかり撮影ができればいいや、至仏山はとりあえず登れれば御の字。今回は山に慣れていない山ガールたちが一緒だし、無理は絶対しちゃいけない。…と思っていたのですが。

土曜日は晴れ。朝から快晴、湿原の草の紅葉もちょうどいい感じでした。湿原を挟むようにそびえる燧ヶ岳と至仏山も、きれいに眺められて幸せな気分。この日は尾瀬ロッジに1泊しましたが、きれいで手入れの行き届いた館内、おいしい料理。山小屋ではない、旅館だね、ここは…というすばらしい小屋でした。

日曜日。歩き始めは曇り。午前中は雨が降らなそう…ということでとりあえず決行。おそらく今が見頃と思われるきれいな木々の紅葉を眺めながら登っていきました。木の階段と木道が続くのですね。。まぁ、しょうがない。途中、来た道を振り返ると、尾瀬ケ原があるはずの下は真っ白。まぁしょうがない。雨が降らないだけよしとしよう…と歩いているうちに、森林限界を超えてしばらくたつと…青空が広がっているではありませんか。どうやら、雲を突き抜けたようです。下は雲海。ぽこぽこと現れ始めた周辺の山々。紅葉した木々は陽光に輝き、本当に気持ちがよくて。。予想外の快晴を楽しみながら歩くことができました。天気はどんどんよくなっていたらしく、下山のときには木々のすきまから尾瀬ケ原がきれいに眺められました。

仕事とはいえ、本当に幸せなひとときでした。至仏山もとてもいい山でした。気持ちよかったな。

しかし、今年はけっこう「悪天候予報に反して天気に恵まれる」ことが多いです。今回、どうせ曇りだろう、雨だろうと日焼け止めを持参しなかったのですが…。。見事に顔が赤黒くなっております。ヤバいです。…ま、いっか。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-10-04 17:14 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧