水のある山・川苔山

日曜日、奥多摩の川苔山にいってきました。

ガイドブックの取材です。いつものカメラマンさんと歩いてきましたよ。川乗橋から登り始めて、鳩の巣駅に降りるルートでした。川苔山を歩くのは実は初めてです。私にとって奥多摩は「遠い山」。電車に乗っている時間も長く、多くのルートはそこからバスに乗らなくてはならない。人気の山域なので、バスはいつも…行きも帰りも混んでいる。そのため、あまり訪れたことがない山域だったのです。

混雑を避けて、朝一番の電車を乗り継ぎ、奥多摩駅からタクシーで登山口に向かい、スタート。静かな静かな山歩きとなりました。天気がよろしくないせいなのか、それとも日曜日だからなのか、結局あまり人に会うこともなく、期待された山ガールもほとんどおらず。山頂もそこそこの混み具合でした。

肝心の山は…というと、登りはずうっと沢沿いの道なのですね。ところどころで橋を渡ったり、滝を眺めたり。百尋の滝という大きな滝があり、この日は水量がやや多めだったのか、とても迫力がありました。それ以外にも、登山道からいくつもの滝が見えました。水の音を聞きながら歩くことができるのはいいですね。とても気持ちがよかったです。紅葉にはまだ早かったです。あと半月もすれば、広葉樹のきれいな紅葉が見られるでしょう。いやでもそれより、この山は新緑がきれいな気がします。

鳩の巣駅に下山。いつもなら下山直後にビール購入→ホーム&車内で飲み、となるのですが、今日はちょとだけ趣向をかえて、近所の喫茶店へ。おいしいコーヒーとシフォンケーキをいただきました。お店の雰囲気もとってもステキでした。下山飲みもいいけれど、下山スイーツもいいな、居心地のよいカフェで、山の話をしながら甘いものに癒されるってステキかも。そんなことを思いながら、帰途につきました。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-10-25 12:52 | 山や岩のこと。 | Comments(0)