ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ニシノ先生奮闘記:vol.3金時山

12月第2週の土曜日、金時山にいってきました。

10月から、NHK文化センター横浜ランドマーク校で「東京近郊ゆる登山」講座を開講しています。毎月1回、全部で3回の講座の、今回が3回目でした。1回目は雨の高尾山、2回目は鎌倉アルプスでした。3回目は富士山の展望台・私の大好きな金時山です。
ちなみに、2回目の模様はこちら

http://westfield.exblog.jp/12268853/

歩くルートはいつもの「乙女峠から山頂に向かい、金時神社に下る」コース。1回目、2回目は本当にゆるーい山でしたが、金時山は「本格的な山」、受講生の皆さんも少し不安そう。箱根湯本で待ち合わせをし、バスで乙女峠に向かいます。天気は晴れ、でもやや雲が多め。気温はかなり高めでしたが、風が強かったです。

今回もゆっくりペース、たぶん登山地図のコースタイムよりややゆっくりめのスピードで歩きました。そのせいか、皆さんとても気持ち良さそうに歩いておられたような。ちょとした岩場の登りも楽しみながら進み、2時間ちょっとで山頂へ。山頂ではすっかり富士山は雲の中に隠れてしまっていました。風もかなり強かったので、山頂から少し下ったところで風を避けながらランチ。

下りはさらにゆっくりペースで。歩き慣れていない方は、たいがい登りより下りのほうがきついと感じます。とくに金時山は短い時間で急な勾配をくだるので、かなり負担もかかるのです。景色のよいところで立ち止まったり、休憩をはさみつつ、15時に金時神社にゴール。湯本方面に戻るため、仙石案内所バス停まで歩き、おまんじゅうなどを買って、帰りのバスに乗り込んだのでした。

受講生の方々に恵まれ、スタッフの方々のご尽力もあり、無事に3回の講座を終了できました。怪我をしたり体調不良になった方もおらず、本当によかったです。個人的にはいろいろと反省点はありますが、皆さん楽しんでくださったようで、これをきっかけに、山を好きになり、山歩きにはまってもらったらいいなあ…と思っています。

私にとっても、とてもよい勉強になりました。本当にありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-13 00:03 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by ボン at 2010-12-15 17:56 x
ニシノ先生たちのちょうど1週間前の土曜日に行きました。
欲張って金時山~明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰と縦走して、
翌日は廃人のように・・・
金時山は富士山を堪能できる、いいお山ですよね!
Commented by ニシ at 2010-12-15 18:36 x
>ボンさん
あーらー。1週間前は富士山はきれいに見えましたか?
私は明神まではよく足を伸ばしますが、
それ以上は行ったことがないんです。長くて大変そう。。
明神から宮城野に降りればいい温泉もあるしねえ…。
キホン的に、低山は「いいとこどり」が好きなんですわ。ふふ。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧