花の咲く山・宝登山

水曜日、今年の初歩きでした。

行き先は秩父の宝登山。一応お仕事でした。高崎線と秩父鉄道を乗り継いで、ことことのんびりの電車旅。適度にすいていて、ぽかぽかと陽光の降り注ぐ電車の中、ぬくぬく、ぼけーっとしているうちに下車駅の野上駅に到着。

野上駅から「長瀞アルプス」を歩いて宝登山に行こう、という趣向です。宝登山じたいには数年前に訪れたことがありますが、このルートを歩くのは初めて。「アルプス」という名前に弱い、ミーハーな山オンナで申し訳ない…。正直、たいして期待をせずに歩いたのですが、山に入ってみると、予想以上にいい感じでした。小さな山とはいえ、稜線を歩くのは気持ちよく、道も整備されていてとても歩きやすいのです。今の時期は広葉樹が葉を落としていて眺めがちょっとよい感じ。新緑の時期もいいだろうなぁ…。

まったりと歩き、あっという間に宝登山に到着。小高い丘のような山頂からは、私の大好きな武甲山がとてもきれいに眺められました。天気がよく、空気も澄んでいて、たぶんこの日は「全部見える」状態だったと思います。雲取山や飛竜山、甲武信ヶ岳なども見えていたようです。山頂周辺はロウバイ園や梅園、ロウバイはそろそろ見頃かと思っていたのですが、今年は少し遅めらしく、まだあまり咲いていませんでした。それでも咲いているロウバイがいい匂いを漂わせ、ちょと幸せな気分になれました。帰りはロープウェイから一気に下山。

長瀞駅に向かう途中、有名なかき氷屋さん「阿佐美冷蔵」さんに立ち寄りました。真冬なのに営業していました。もう5年以上前、ガイドブックの仕事で訪れたことがありますが、たぶんリニューアルしたのでしょうね、とてもきれいなお店になっていました。季節限定メニューらしい「お芋あずき」なるかき氷を食べました。中にあずきの入ったかき氷に、濃厚なさつまいも味のシロップをかけて食べるのですが…、激烈に美味しゅうございました。いやぁ、冬でもかき氷ですよ、ええ。ここのはホントに美味しい。

ふたたび秩父鉄道に乗り、ボケボケと帰京。幸せな山始めでした。

…が。
病み上がりにちょっと頑張り過ぎたのか、帰宅後に一気に体調悪化。腹痛や胃の痛みで寝込んでしまったのでした。うう、しまらない。撮影したロウバイのきれいな写真になぐさめられつつ、今年はもっと「ゆる山」を開拓していこう…と思っているのでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-06 22:32 | 山や岩のこと。 | Comments(0)