平日も日和田馬鹿

仕事の谷間になった日、ロープをかついで、いそいそと日和田山へ。

今回のパートナーは、先週のPUMP1に引き続き、同じ山岳会の王子。早めに終了したかったので、朝8時に高麗駅に集合し、岩場に向かいました。…あれ、もう登っている人がいる。さすが日和田山。

はじめに男岩の南面でアップをしましたが、晴れているけどとても寒く、岩が冷たい…。やっぱり冬の岩ですね。岩をつかんでいると指先が冷たくなってきます。

そして男岩の西面に移動。トップロープをかけて、何本も登りました。普段は西面は全然登らないのです。いつもすごく混んでいるし。しかし今日はややすいていたので、ルートを一通り登ってみました。登り始めると、5.7とか5.8とトポに書かれたルートが全然うまく登れません。とほほです。あまりにも登れずに困っている私たちの様子を見て、常連のおじさまがいろいろアドバイスをくれました。有り難いことです。

ガツガツ登って疲れてきたところで終了。ほぼ初のルートも多かったですが、なんだかなぁ、よくわからないまま、こてんぱんにやられたような気分です。しかも終わり際に、私がうまく登れなかったルートを、自分の親ぐらいの歳と思われるオジサンオバサンたちが楽しそうに登っているのをみて、かなりへこみ気味。

とはいえ、がっつり登って、楽しい時間でした。
こんどはいつ岩に張り付けるかな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-02-22 22:03 | 山や岩のこと。 | Comments(0)