長い1日(2/2)

23時過ぎに東京駅に到着し…。

首都圏の電車は一切動いていない…と当初報じられていたけど、新幹線で移動している間に、地下鉄はいくつかが動き始めたことが分かった。動いていると思われる電車を乗り継げば、どうやら自宅に帰れることも判明。最悪、新幹線の中で一夜を過ごすことになるか、それとも、東京駅でどこか泊まるところを探すか…と考えていたが、なんとかなりそう。 地下鉄を乗り継ぎ、途中、乗れずに1駅歩いたりもしたが、なんとか自宅最寄りの駅に着いたのが夜1時。がんばった自分へのご褒美と、缶ビールとつまみを買って自宅に戻る。

…が。
家のドアを開けると、まず玄関の傘立てなどが倒れていた。開けておいたはずの部屋のドアはすべて嫌な感じに半開きになっている。緊張で手に汗が出てくる。…仕事部屋は本棚の本が散乱し、和箪笥の上に置いてあった着物の箱が落ちていた。洋服ダンスは引き戸の部分がずれていた。洗面所は保湿クリームのガラス瓶が割れたり、洗濯洗剤がこぼれたりしていた。ああ、こりゃ大変だ。

…そしてダイニングルームに入ると、床に割れた食器が散乱していた。その上に、食器棚に置いておいた炊飯器や電気ポット、オーブントースターなどが落ちている。結婚したときにお祝いでもらったコーヒーカップやワイングラス、気に入って使っていた小鉢用の皿やカレー皿、たろさんにプレゼントしてもらったマグカップ。みんな割れてしまった。血の気がさあっと引いていくのがわかった。こんなことが起こるんだ。

呆然としながら、できるところから片付けていく。そして、割れた皿を片付けていたところに、たろさんが帰ってきてくれた。ふたりで呆然としながら、黙々と片付ける。とりあえず食器類を棚に戻して、そろそろ休まなきゃと布団に入ったのが4時前。

そして今日。ニュースを見て、起こった地震がどれだけ酷いものだったのかを知りました。
…なんだか、電車が動かないとか、帰れないかもとか、食器が割れたとか、ホント小さいことだった。自分と、自分の大切な人間たちが生きているだけでいい。そして、気兼ねなく雨風をしのげる場所があり、温かいものが食べられるだけでよかったんだ。

考えてみたら、普段私は家で仕事をするとき、食器棚を背にしてパソコンを叩いていることが多いのです。もし、地震のとき家にいたら…、揺れまくる食器棚をなんとかしようとしてパニックを起こしただろうし、場合によっては大けがをしただろう。…そう考えると、家にいなくてよかったのかも。悪運が強い…のか?

今回の地震で亡くなった多くの方々のご冥福をお祈りします。
また、大きな被害を受けた方々にお見舞いを申し上げます。
これ以上、被害が拡大しませんように。
[PR]
Commented by kuma at 2011-03-13 00:00 x
ニシさん、ご無事でなによりでした。
神戸の地震がフラッシュバックしました。
地震による火災もこわいけど、津波はさらにひどいです。呑み込まれていく命を思うと残念でなりません。
Commented by ニシ at 2011-03-13 08:46 x
>kumaさん
ごぶさたしています。コメントありがとうございます。
そうですよね、神戸の地震も大変でした。
火災にしろ、津波にしろ、人にはどうすることもできない
すごい力ですべてのものを飲み込み
なぎ倒していくんだなと思います。
Commented by 錆びたピッケル at 2011-03-13 09:20 x
豊橋駅から車で20分、愛知御津駅なら12分なのでお教え頂けたらお向かいに伺いましたものを。そして、酒盛り・・・。
ともあれ、御無事が何よりです。
Commented by ニシ at 2011-03-13 10:41 x
>ピッケルさま
ああ、、、そうでしたか。
酒盛りはともかく、お目にかかるチャンスだったのですね(笑)。
豊橋で途中下車して時間をつぶしてもいいかなと思ったのですが、土地勘もなく、寒い駅で時間をつぶしていたのでした。
by toshizo-Ni | 2011-03-12 20:09 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)