ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

「女子のための!週末登山」出ました。

d0100314_20442864.jpg宣伝でございます。山のガイドブックを出しました。

女子のための!週末登山
大和書房刊 1260円

昨年3月に「東京近郊ゆる登山」という山歩きのガイドブックを出しました。こちらは「これから山を始めたい人」をメインターゲットにした本でしたが、今回のは「山を始めてみて楽しくなって、もっと山に行きたいと思った人」をターゲットにしたガイドブックです。まるまる1冊、取材・原稿かきに携わっています。…著者でございます。ええ。

今回のお話は、ゆる登山を見てくださった編集担当者からの連絡で始まりました。ご自身も山を始めてちょっと面白いと思い始めた山ガールさん。もう少しいろいろ山に行ってみたくてガイドブックを探していたけど、初心者向けのハウツウ本やベテラン向けはあるのに、その中間ってないんですよね…というのが発端でした。

私も同じようなことを考えていたので、渡りに船、的な展開。
長く歩く山、岩場が楽しめる山など、それなりに歩きごたえがあり、楽しく登れる山を18。日帰りの山だけでなく、山小屋泊まりの山もいくつか紹介しています。

また、今回の本はハウツウが少し多めに入っています。全くの初心者向けというより、多少山歩きを楽しんでいる人に、もっと快適に、そして安全に歩いてもらうために必要なこと、知っておきたいことを書きました。

これから山を始めたい人には、道具を揃えなきゃとか地図が読めないといけないとか、難しいことを考えずにとにかく歩いてみて、楽しいと感じてもらいたい。でも、だんだん山に行く回数が増え、歩く距離や時間が長くなってくると、それだけではよくないと思う。楽しさの背中合わせに危険がひそんでいるのが山。山の楽しい部分だけでなく、山の辛い部分、怖い部分も知って、その上で山を好きになってもらいたい。そんな思いで、案内をしています。

ゆる登山に引き続き、メインカメラマンは和氣淳(わけ・あつし)さん。今回はかなり行程の長い、きつい山にも連れ回してしまいましたが、めげずに素敵な写真をたくさん撮ってくれました。ありがとう。また、一緒に歩いてくれた多くの山仲間たちにも感謝。

ステップアップしたいあなたに「女子のための!週末登山」、
そして山ビギナーには「東京近郊ゆる登山」。
どちらも「山を始めたい、山をもっと好きになりたい」女の子たちを全力で応援する、そんな本です。

前回同様、ぜひ、手に取ってみていただけるとうれしいです。そして、いいなと思ったら速攻で購入し、山好きのお友達3人以上に勧めましょう!(ねずみ講か!) そしてAmazonのカスタマーレビューに投稿しましょう!!(強要か!)
…冗談はさておき、一人でも多くの人に見てもらいたいですし、この本をきっかけに、安全に、楽しく山に向かい合う人が増えてくれたらうれしいです。

…ちなみに、女子以外でも購入可能ですよ。恥ずかしがらずに、是非!(笑)
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-04-14 20:45 | 仕事のこと。 | Comments(10)
Commented by ぜいぜい at 2011-04-14 22:46 x
出版おめでとうございます。私のときには岩崎さんや田部井さんがいらしたように、時代のニーズに合わせて等身大な人の本があるということはお山を始めた人にとっては頼もしい限りだと思います。また次のステップと出していかれたら、とても素晴らしいなあと思います。
Commented by ひろ at 2011-04-15 00:24 x
なっ、なんですと!本が出てる!!

しかも、今の自分にはめちゃくちゃイイ感じの♪
あの山は入ってるかな・・
岩場ってどこだろ・・

ウヒヒ 楽しみっす。

明日、マジ本屋さんいかなきゃ。
Commented by ニシ at 2011-04-15 00:58 x
>ぜいぜいさん
ありがとうございます。
そうですね、エラくない、超人でもないただのオバサンが書いている
ある意味、等身大の本だと思います。
そういうスタンスで、山を始める人を応援できたら…と思ってます。

>ひろさん
はい、こっそり、静かに進行しておりましたよ。ふふ。
本は女の子っぽいかわいいデザインですが、
載っている山はけっこうガッツリ、男子でも楽しめると思います。
山梨・長野の山もいくつかあるので、ぜひ!
Commented by やっち~ at 2011-04-15 07:05 x
昨年から始まった女子の山ブーム。
実際の登山者をカウントしたら中高年男性の伸び率が一番だった
と言うことは山ガール狙いで登る男性陣が増えた?
なんて話にもなったりして、そのブームが今年も続いて欲しいです。

私も宣伝!山は始めたばかりの方に好きになって欲しい、
そんな気持ちで発行されたフリーぺーパー「山歩みち」
今月第4号ができあがりました。
是非一度手に取っていただきたい!!
Commented by ニシ at 2011-04-15 13:29 x
>やっち〜さま
中高年男性の伸び率ですか…。
実際に山にいるとピンとこないですね。ちょっとびっくりです。
以前は八ヶ岳やアルプスでしか見かけなかったような若い男女が
最近は奥多摩や奥武蔵でもずいぶん見かけるなぁ…とは思いますが。
Commented by えり at 2011-04-16 21:04 x
うわ~すごいですね!!
ご出版おめでとうございます。
今は山から離れてしまっていますがぜひ見てみたいです。
「東京近郊ゆる登山」は子連れでも行けそうかしら?
さすがにそこまでゆるくはないですかね(笑)
山もずいぶん様変わりしているんでしょうね。
ほんの3年ほどお休みしているだけなのですけどね。
Commented by ニシ at 2011-04-16 21:33 x
>えりちゃん
ありがとうございます!
「ゆる登山」「週末登山」ともに、素敵な写真を見ているだけでも
楽しくなるガイドブックだと思います。
「ゆる登山」は高尾山や筑波山、鎌倉アルプスも紹介してます。
ご家族連れでも、ぜひ。
たぶん、お子さんが大きくなってからより、
背負って行けるぐらいおちびちゃんのときのほうが行きやすいかも。
Commented by ボン at 2011-04-18 14:17 x
お!うわさのステップアップ本、出版おめでとうございます!
何山が載っているのかな~。ワクワク♪
遅ればせながらチェックさせていただきます。
そういえば、塔ノ岳の帰りに和氣さんとバッタリ遭遇したなあ(笑)
Commented by ニシ at 2011-04-18 17:17 x
>ボンさん
ありがとうございます。
はい、がっつり疲れて楽しい山を18紹介しましたよ。
ボンさんが登ったことのある山も多いと思いますが…。。
ぜひぜひチェックしてみてください。
そして、山友達5人以上に勧めてください!!(ノルマ増?)
Commented by ニシ at 2011-04-19 10:32 x
>kimさま
はじめまして。ご来訪ありがとうございます。
写真をご提供いただき、ありがとうございました。
皆さんのおかげで、とても楽しそうな誌面になりました。

はい、ぜひお友達やフォロワーさんに勧めてください。
よかったら、実際に山に行ってみて、
レポートなどしていただけるととてもうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧