ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

たき火キャンプ・小川山

3連休の土日を使って、小川山にいってきました。

所属する会の人たちとご一緒してきました。往年の名クライマーの先輩方と、新人たち、総勢6名でした。…どちらかといえば、岩登りというより、「廻り目平のキャンプ場でたき火」という言葉につられて参加してしまいました。てか、最近全然クライミングをしていない私。インドアは2カ月以上行ってないし、岩登りをしたのは8月あたまの広沢寺が最後。…登れるところなんてあるんでしょうか。

前夜発でいい場所にテントを張り、土曜日はリバーサイドへ。
楽しいルートだと言われてトップロープをかけてもらって取り付いた「ブラックシープ」(5.9+)は、出だしが難し過ぎ。それでもビレイヤーに軽く引っ張りあげてもらい、なんとか上まで。途中は楽しかったですが、後半にまたしょっぱいところがあって数分セミ状態に。「アウト・オブ・バランス」(5.9)は、ブラックシープよりは易しく、わりとさっくりと登れました。…でもリードは無理だなぁ。。

この日は早めに撤収してテントに戻り、先輩方の用意してくれた晩ご飯をいただき、たき火を囲んで宴会。いやぁ、たき火って本当に楽しいです。…でも、今回はあまり上手にたき火ができなかったなぁ。。ちょこちょこと火の番をしないとすぐに消えそうになってしまってました。木が湿っていたからかなぁ。組み方が悪かったのかなぁ。こんど、たき火師匠に聞いてみよう。

日曜日は、はじめにマラ岩の「川上小唄」(5.8)を登りました。とても気持ちのよいルートですね。終了点からは小川山一帯がぐるりと見渡せて、とてもいい気分でした。その後、屋根の上のタジヤン(5.9)を登ろうとしましたが、順番待ちで時間がかかりそうだったので、親指岩の「小川山レイバック」(5.9)に向かいました。数名のパーティーかとりついていましたが、なんとか登れそうだったのでお昼を食べたり手にテーピングを巻いたりしながら準備。先輩方にトップロープをかけてもらいます。…先輩の華麗な登りに感動し、さぁ自分も…と思ったら、全然同じようにできません。ジャミングって何! ステミング?足が動かないよう!  ああそういえば、クラッククライミングは初体験だったんだ。ビレイヤーに多大な迷惑をかけながら、なんとか上まで。完全に魂を抜かれました…。

帰りは中央道のひどい渋滞にはまりつつ、なんとか帰宅。

小川山はほぼ初めてです。たき火し放題の広いキャンプ場、あちこちにある岩場、いろいろとカルチャーショックを受けました。しかし…、もうちょっと登れないと、全く楽しめない岩場なんだということも実感。易しい人気ルートしか登れなければ、そのルートを登るために長い順番待ちをしなくてはならない。別の易しいルートに行こうと思えば他の岩場まで移動しなくてはならない。そして当たり前のことだけど、リードで登れなければルートクライミングはできなくて、今の自分は小川山の一番簡単なルートでさえリードで登れない。

…楽しかったけど。とても楽しかったけど。もうちょっと登れなくちゃだめなんだ。
正直、小川山はしばらく行かなくていいです(笑)。でも、次に行ったとき、「岩登りが楽しかった」と思えるよう、がんばろう、かな。おつかれさまでした。

ついしん:
今回、ちょっとだけ仕事もかねていました。テント泊で「あるもの」を試していたのです。…何を試していたのか? 答えは「岳人12月号」までお待ちくださいませ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-10-10 09:47 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by ひろ at 2011-10-10 19:25 x
クライミングきつそうだなぁ
でも、ニシさんが頑張ったのが伝わってくる。
お疲れさまでした!

テントで試したあるものは・・ランタンと予想。
12月号、楽しみにしてますね♪
Commented by ニシ at 2011-10-11 08:18 x
>ひろさん
クライミング、上手ならとても楽しいと思うのですよ。。笑
で、たぶん下手でもけっこう楽しい。
外岩、ぜひ一度行ってみてくださいね。

12月号…現在、原稿で悪戦苦闘中。楽しみにしていてくださいね。
Commented by えり at 2011-10-11 17:13 x
小川山に行かれていたんですね。
たき火ができるキャンプ場って貴重ですよね。

私も衝撃的だったなぁ・・・
そこらじゅうに岩がごろごろあって(ボルダリングでしたが)
下手ながらとても楽しかったです。
もちろん上手ければもっと楽しいのでしょうけど。

12月号も楽しみにしてます!
頑張ってください。
Commented by ニシ at 2011-10-11 20:02 x
>えりちゃん
そうですね、すばらしすぎるキャンプ場の様子を見て
「山」とついているけど、ここは山じゃないんだなぁ…って思いました。
ボルダリングの岩場もたくさんありましたね。
くじら岩のそばを通ったら、尋常じゃないほどの人だかりでした。

12月号、必死で書いてます。がんばります。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧