はじめてのハセツネ。

先週末、日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)にいってきました。

…といっても、ランナーとしてではなく、お手伝いスタッフでの参加です。
現在私は東京都山岳連盟遭難救助隊(漢字で書くと、ものものしいですね)に所属しているのですが、そこの先輩方とともに、救助スタッフのひとりとして参加することになったのです。トレランには全く興味がなく、この大会は存在として知っていても、自分がかかわるものという認識はなかったのですが「いろいろと勉強になるから参加したらいい」と先輩から勧められたのです。

金曜日の夜から武蔵五日市に詰め、土曜日の昼前に待機場所の月夜見第2駐車場に出発。向かう間に土砂降りの雨に降られます。天気予報は土日とも悪く、きっとリタイア者も多いだろう、もしかしたら出動の場面が多いかもしれない、先輩方の足を引っ張らないよう、がんばらなくては…と手に嫌な汗。

月夜見が慌ただしくなってきたのは17時過ぎ。1位の選手が通過し、その後も続々とランナーが到着します。出動がない時間は、現地スタッフの手伝いをするようにと言われていたので、他の方々に混じって給水スタッフに。「水またはポカリスエット、合計1.5Lを選手の持っている水筒に給水する」という係です。他の人のすることを見よう見まねで始めます。続々と来て、ときに列をなすランナーたち。おつかれさま、ナイスファイトと声をかけ、給水をし、いってらっしゃい、ガンバです、と送り出すのを延々と続けます。

朝4時のチェックポイント閉鎖まで、一応2時間仮眠はとりましたが、ずっと給水スタッフをしていました。最後はハイテンションになり、「疲れているけど疲れてない」状態。…閉鎖後、救助隊のテントに戻り、あっというまに爆睡したのでした…。その後、6時過ぎに起き、テントを撤収して本部に戻って詰め、最後は後片付けの手伝いをして帰宅。…長い2日間でした。

肝心の救助活動ですが、予報より天気がよかった(土砂降りの雨にならず)ためか深刻な事態は起こらず、隊長が何度か近隣に出動した程度で済んだようです。先輩方いわく、こんなに夜中に何もなく熟睡できたハセツネは初めてだ、とのこと。そっか…。何はともあれ、よかったです。

今回は、知人も数名ランナーとして参加していたようです。誰かに会えるかな、給水してあげられるかな…と思っていたのですが、結局、おひとりしか識別できませんでした。もしかしたら、知っている方と気づかずに給水をしていたかもしれません(ハイテンション&疲労でお互いに気づかなかったかも)。
…そうそう。2名ほどに「テレビ見ましたヨ」と声をかけられました。…見なくていいし、声かけなくていいから! 

とりあえず無事に終了。よかったです。
参加の皆様、おつかれさまでした。ナイスファイトでした。
[PR]
Commented by もりもり at 2011-10-25 21:14 x
あの悪天候予報は、隊長がいらっしゃるから…
ゲフンゲフン、冗談です。本当にお疲れ様でした。

運営側の皆さんに支えられてはじめてレースが出来るんですよね。
ありがとうございました!
Commented by ニシ at 2011-10-25 22:56 x
>もりもり隊員殿
おつかれさま&完走おめでとうございます。

いや、、正直、あの悪天候予報は私のせいかもしれないと
本気で考えてしまいましたよ。。
でも、月夜見に行く前にちょっとだけルートの偵察をしたのですが
歩き始める直前に雨が上がったので、
「天気が好転したのは私のおかげ」と思うようにしました(笑)。
Commented by 宇宙の天使 at 2011-10-25 23:25 x
ああ、土曜の雨はニシちゃんのせいかー・・・ アスレチックが今年2度も流れました;;

ハセツネいってたんだねー
都岳連の保険入りたいんだよねぇ。
数年前にハセツネの時に入った保険をズルズル引いてる。
Commented by ニシ at 2011-10-26 08:33 x
>天使くん
ちがうよー。私のせいじゃないよー(笑)。

都岳連の保険(jRO)、山岳会に入っていなくても加入できますよ。
私も入ってます。たしか。
by toshizo-Ni | 2011-10-25 19:04 | 山や岩のこと。 | Comments(4)