ゆる雪山:入笠山

冬晴れの日、雪山ハイキングを楽しんできました。

今回の目的地は長野県。富士見高原にある「入笠山」という山です。ゴンドラでアクセスし、ちょっと頑張れば山頂に立てるという、とてもお手軽な山。しかしそこは長野県。山頂からは八ヶ岳やアルプスの山々の絶景が楽しめる、いいとこづくしの山です。初夏には「スズランの咲く山」としても知られ、この時期には多くの観光客やハイカーでにぎわいます。

今回は雑誌の取材で。カメラマンさんと一緒に歩いてきました。
テーマは「雪山入門」。雪のある山を体験してみよう、という企画だったのです。最近はゴンドラで上までいき、1時間ほどで山頂にたどり着くルートが一般的のようなのですがそれではあまりに歩き甲斐がないので、沢入登山口から歩くルートにしました(それでもお気軽ハイキングには変わりありません)。

…が。
登山口に着いたら、雪が全くありません。実は積雪期にこの山を歩くのは3回目なのですが、いずれも登山口から雪ががっつりあったのに。昔の記憶と全く違う登山道の様子に著しくとまどいます。…それでも、雪山「入門」の企画にはこのぐらいのほうがいいかもしれないよ、とカメラマンさんと慰め合いながら(笑)歩き始めます。歩き始めても雪はうっすら程度。日当りのよいところには全くないくらいでした。いやぁ、まいった。入笠湿原のあたりから、やっと安定して雪が現れるようになりました。そして目立つスノーシューの足跡。こんなに雪のないときにもスノーシューで歩く人がいるんだ、と驚きです。

マナスル山荘の先から山頂への急な登りの場面も、雪はうっすらとある程度。サラサラの雪です。登っていくうちに景色がどんどんよくなり、うれしくなります。そして山頂に着いたら、すばらしい景色が広がっていました。大きな島のように平地から飛び出している八ヶ岳。富士山と南アルプスは間近に。真っ白く雪をかぶった中央アルプスから北アルプスがずうっと続いています。雲が多めの天気で、正直アルプス方面は見えないかなぁと思っていたのに、うれしい誤算でした。…しかし寒い!すばやくお昼を食べ、さくっと下山を始めます。

下山は少し雪のあるところを選びながら、雪だまりに足をつっこみながら歩きました。本当にサラサラの雪。気持ちいいなぁ。マナスル山荘でお茶をして、あとは一目散にゴンドラ乗り場方面へ。ゴンドラで景色を楽しみながら下り、ミッションクリア。駅に戻り、電車を待ちながら暖かい待合室でプチ打ち上げをし、帰途についたのでした。

思ったより雪が少なくて残念だったけど、いい取材ができました。やっぱり入笠山はいいなぁ。できれば2月か3月にもう一度行きたくなってしまった。。いつ行こうかな。行けるかな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-01-20 18:08 | 山や岩のこと。 | Comments(0)