ニシ先生奮闘記2012春:大楠山

NHK文化センター 横浜ランドマーク校舎の「東京近郊ゆる登山」講座。

拙著「東京近郊ゆる登山」を発売した2010年の秋からスタートした半月講座、おかげさまで4シーズン目に突入でございます。2012年春夏シーズンの初回を、4月14日に歩いてきました。今回の行き先は三浦半島・大楠山。「もっと行きたい!東京近郊ゆる登山」にも掲載している山です。海を望む眺めのよさと、この時期はお花見の楽しみもある、ステキな低山です。

今回の受講者は、雨予報にもかかわらず、講座至上最多の20人。山歩きを全くしたことがない、という方もふたりほど。ひええー。

雨予報とはいえ、ひどい低気圧が来ているようでもないし、山じたいはゆるゆる山だし。なんとかいけるだろうと思っていたのですが、ふたをあけてみたら、なかなかひどい雨。山頂近くは風も強く、ガスっていて眺望なし。休憩に使おうと思っていた山頂のレストハウスはクローズ…。かなり過酷な山行となってしまいました。ゆる登山のはずが「ガチ登山」…。雨女完全復活らしいです。すみません、すみません。

それでも、山はみずみずしく、芽吹きを待ちこがれているような木々のパワーが感じられました。そして山頂から少し下ったところには菜の花畑。若干ピークを過ぎたようでしたが、まだまだきれいな黄色のお花畑。雨風が強く、それを楽しむ余裕がなかったのが残念ですが…。

しかし。講座至上最悪の天候のなか、皆さんよくがんばって歩いてくれました。体調不良者、けが人もなく、なんとか無事に下山。ありがとうございます。

今までのシーズンでは、前回の講座を経験された、いわゆる「常連さん」が半分ぐらいいるパターンが多かったのですが、今回は初参加の方が多いです。全員を把握し、ペースを掴むには、少し時間がかかりそうです。でも、ひとりでも多くの人に、山歩きの楽しさを感じてもらいたい。安全に、楽しく山に向かい合うきっかけを得てもらいたいと思っています。がんばります。

おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-04-15 15:11 | 山や岩のこと。 | Comments(0)