春の大茶会

今日はお茶会でした。

毎年4月29日は、所属する流派の大茶会があるのです。
例年はお客として参加しています。お席に入って、ステキなお道具を拝見し、美味しいお茶とお菓子をいただく楽しい1日。…今年は、お席のお手伝いをすることになりました。つまりお客様ではなくてスタッフ(みたいなものですね)。お茶やお菓子をお出しする係でした。そしてもうひとつ、一度だけおてまえをする(=大勢のお客様の前でお茶をたてる)役になっていました。ぴゃー!

数日前から緊張で手に嫌な汗。こんな晴れ舞台でおてまえをする機会なんて、正直一生ない(なくていい)と思っていました。当日も緊張でキリキリ胃が痛みます。

…しかし。始まってみたら、とても楽しく、あっという間に時間が過ぎて行きました。心配していたおてまえも、ノーミスで無事に終わることができました。お客様からも、親先生からも、「いいおてまえでした」と声をかけていただき(まぁ、お世辞だったとしても)、心の中で小さくガッツポーズ。…私、やっぱり本番に強い人間みたいです。

ちなみに、今日の着物は、母から譲ってもらったピンクの雪輪と花柄の訪問着。上品な色合いで、私の「勝負服」のひとつです。母に守られているような、母がそばにいてくれるような気持ちになる着物。…ただの「衣服」のはずなのに、着ていた人に想いを馳せ、着ることをうれしく思う。着物って不思議です。

とりあえず、懸案だった行事がひとつ無事に終わり、ほっとしています。
あとはゴールデンウィークを満喫するぞー(…平日はちゃんと仕事します、ハイ)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-04-30 00:13 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)