女子クライミング・谷川岳南稜

6月最後の土日、谷川岳にいってきました。

所属する会の面々と、総勢4人で、アルパインクライミングにでかけたのです。2チームに分かれ、今回は後輩の新人女子、みーちゃんとふたりで、南稜、中央稜を登る予定でした。

前夜に土合駅に泊まり、翌日は渋滞を避けるために朝4時に駅を出発。一の倉沢出合まで車で入りました。出合からすぐに雪渓が始まり、テールリッジ取付まであっという間。…とはいえ、自分にとってはややオーバーペースで早速に息が上がってしまいます。南稜テラスに着くころにはヘロヘロでした(滝汗)。

とはいえ、勝手知ったる南稜。岩を見上げてワクワクしてきます。先行は2パーティーがいるだけ。まったく渋滞することなく、のんびりマイペースで岩登りが楽しめました。今回は一応「つるべ」=リードを交替しながら登ろうと考えていました。偶数ピッチは私が、奇数ピッチはみーちゃんにリードをしてもらいました。岩は乾いていて、天気もとてもよく、絶好のクライミング日和。気持ちよくロープを伸ばしていきます。ふと隣の壁を眺めると、変形チムニーを登る山岳会の別パーティー、うっしーさんと王子の姿が。嬉しくなって手を振ると、あちらも気づいて手を振ってくれました。ふふ。

大好きな5ピッチ目は思い切りリッジに乗って高度感を楽しみました。そして最終7ピッチ目の核心部分。いつもじめっと濡れていて、お助けスリングにすがってしまうのですが、今日はしっかり乾いていました。ちょっとドキドキしましたが、あっけなく終了点へ。みーちゃんもすんなりと登ってきて、がっちりと握手! いや〜、うれしかった。下山は6ルンゼから4ピッチの懸垂下降で南稜テラスへ。そしてゆっくりのんびりと一の倉沢に戻り、川の冷たい水に足を浸したのでした(いや、本当に冷た過ぎ…)。そして車で土合に戻り、大宴会。楽しかった…。

本当は翌日も登る予定だったのですが、雨予報のため、榛名黒岩に転戦。しかし朝9時には雨が降り始めて、10時過ぎには撤収。榛名湖の湖畔の温泉で汗を流し、帰途についたのでした。

いやぁ…、本当に幸せ度120%のクライミングでした。考えてみたら、同期あるいは後輩だけでアルパインのルートに行くのは初めてだったんだな。過去にも後輩とつるべで登ったことはあったけど、そのときはそのすぐ前や後ろに先輩のパーティーがくっついてくれていたし、下山のときは先導してもらい、懸垂のセットもやってもらっていた。自分たちだけでルートを見極め、考え、行動するのは、不安も大きいけど楽しい。そして達成感もひとしお。…ずっとしたいと思っていた山行がやっとかなった。こんな頼りないセンパイについてきて、一緒にがんばってくれたみーちゃんに感謝(…といいつつ、彼女がこのブログを見ることは多分ないのですが)。

私にとっては「長年の夢がかなった」山行だったけど、それは「終わり」ではなくて、「新しい夢の始まり」でしかないんだな。また岩にいきたいな。どんどんいきたいよ。どこにいこうかな。
おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
Commented by ひろ at 2012-07-03 22:26 x
アルパインクライミング憧れるなぁ…
かっこいい。
秋、シーズンがはじまったら外岩ボルダリングからデビューしてきます。
ニシさん、もう少し待ってて下さいね(笑)

お疲れさまでした♪
Commented by ニシ at 2012-07-04 10:12 x
>ひろさん
フリーもボルダーも楽しいのですが、
登山につながるものとして、アルパインクライミングが好きです。
なかなか上手くならないし、パートナーも見つからないし、
もういいかな…と思ったこともあったのだけど
もうちょっとがんばろうかな、って思います。

秋に外岩ボルダリング…楽しみですね。ふふ。
by toshizo-Ni | 2012-07-02 22:25 | 山や岩のこと。 | Comments(2)