ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

苗場で沢登り・棒沢

7月の3連休は、沢登りを楽しんできました。

行き先は苗場。清津川の支流、苗場山に突き上げる「棒沢」という沢にいってきました。ルート集などに記載がなく、HPで検索をするといくつか記録が出てくる感じ。昨年よく沢にご一緒したN先輩から「どうかな?」と提案され、「沢の中で1泊、2日目に下って山麓の温泉で宴会して帰る『お楽しみ山行』」と理解して計画したのでした。会の先輩方と、総勢6名でいってきました。

天気予報で雨が心配されましたが、結局ほとんど降られることはありませんでした。基本的に曇り、ときどき晴れ間も見えました。ただ、前日までの雨で水量はやや(いやかなり?)多め。足首上ぐらいの丈の水量でも、油断すると足元がぐらりとくる感じでした。

はじめに滝の高巻きがいくつかあり、そのあとはきれいなナメやゴーロ歩き、終盤には登れる滝がいくつもあり、雪渓歩きもあり、最後はちょっぴり薮こぎ。それなりに変化があり、楽しめたような気がします。上部に雪渓が残り、沢の水はずいぶん冷たかったです。泳ぐなんて冷たいし水流も激しいし無理無理無理!という感じ(いや、泳げないんですけどね…)。2日目の移動距離が長く、時間もあまりなかったので、今回は(昨年のように)渕で水遊びをしたりとかほとんどせずに、ひたすら歩き続きました。それでも最後のほうに、ドバドバ流れている滝のすぐ右脇を水を浴びながら登ったりして(ガバばっかりで登りやすかったけど、最後の一手が非常に悪く、結局上にいた先輩に助けてもらった。馬鹿…)。

ちなみに2日目の歩行は、5時半頃スタート、19時半ゴール。…14時間行動です。下山時には魂抜け切ってました。2日目のゴールは赤湯温泉。小さなキャンプ場に宴会場を設営し、露天風呂で軽く汗を流し、楽しく完登祝いをしたのでした。しかし遅い時間だったのでたき火は無し。そういえば1日目も草原での宿泊だったのでたき火なし。…2泊もしたのにたき火がないなんて、ちょっと寂しい…。

「たき火と温泉つきお楽しみ山行」のはずが、終わってみればかなりのガチ沢山行。きつかった、でも楽しかったなぁ。また沢にいこう。今度はどこに行こうかな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-07-17 22:54 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧