またまた小川谷廊下

7月最後の土曜日、沢登りにいってきました。

今回は、西丹沢。小川谷廊下です。…あれ、今年に入ってから行ってるよね?そうおっしゃっる方々、いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。はい、6月にお仕事で一度訪れています。ちなみにそのときの様子は、現在絶賛発売中の岳人8月号に掲載されておりまする。

6月のときは水がまだ冷たくて、しかも曇りの日で、水に浸かったらとても寒くて唇が紫色になってしまったのでした。でもここ数日は毎日30度を超えていて、この日も気温はかなり高い予報。きっと気持ちよくきれいな沢が楽しめるはず! …ということで、今回は、所属する会の人たちなど、総勢4人でいってきました。

同行者約1名が寝坊&車が渋滞で大幅に出発が遅れ、なおかつ入渓点に向かう中丿沢林道が落石や土砂崩れで非常に道が悪く、入渓点の穴の平橋の駐車場に着いたのが12時半ごろ。出発は1時前。ひぃ。…しかし足並みの揃ったパーティーで、サクサクと歩くことができました。4時過ぎには遡行終了し、スタート地点に戻れたのは5時半ごろ。スタートが遅くどうなることかと思いましたが、暗くなる前に下山できました。

しかし…。私が6月上旬に訪れたときと、沢の様子はずいぶん変わっていました。6月半ばにあった大雨、台風の影響でしょうか、前回は何もなく通れた大岩の右側には、今回激しい流れの滝ができていました(だからつるつるの大岩の上を登るはめになった。怖かった…)。水量もずいぶん多かったのだと思います。登山道や岩場は、台風などのあとに、道に倒木があったり、登山道が多少崩落することはあるけれど、多少年数がたってもそんなに簡単に変わらない。でも、沢は違うんだな。たった2カ月前とこんなに違うとは。大雨などで岩や木々が流されることで渓相が変わったりする。それ以前に、水量の違いでも印象はかなり変わるんだ。だから難しい、でも面白い。

やっと「水の冷たさ」を楽しめる季節になってきました。これからが沢シーズン本番ですね。さぁ、今年もどんどんいきますよ〜。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-07-31 00:49 | 山や岩のこと。 | Comments(0)