お仕事登山

9月下旬は仕事で山に行く機会が多かったです。

9月20-21日はガイドブックの取材で北八ヶ岳へ。
北八ヶ岳ロープウェイ(旧ピラタスロープウェイ)を起点にしたルート、北横岳と、縞枯山〜茶臼山周辺を歩いてきました。この日、20日は快晴で、21日は曇り予報。なので、眺望重視のポイントは20日のうちに歩いてしまうことにしたのですが、これが大成功。21日は結局終日ガスガス、しかも朝のうちは雨でしたから。曇りでもいい(むしろ幻想的でよい)樹林を歩いて撮影ができたのでよかったです。登山は晴れているほうがいい。でも北八ツについては、シラビソや苔の森が瑞々しくて幻想的なのは曇り空の日なんだな。

宿泊は麦草ヒュッテにお世話になりました。お風呂がある(しかも広くてきれい)のに感動、おいしい食事に感動。でもなにより、小屋番さんのあたたかさに感動。…いろいろと声をかけてくださり、翌日歩くルートについてもアドバイスをたくさんいただきました。うれしかったです。

9月の最終週、25-27日には、雑誌の取材で甲斐駒ケ岳へ。
北八ツはひとり取材でしたが、甲斐駒はカメラマンさんとモデルさんと私、3人構成です。天気が心配されましたが、ふたをあけてみれば3日とも快晴。とても気持ちよく歩くことが出来ました。今回は一般登山道ではないマイナールートを歩きました。悪いところは鎖やワイヤーがつけられ、マイナーといってもそれなりに歩かれている道。でもときどき道が不明瞭だったりひどい薮こぎを強いられたりします。人の痕跡があまり感じられない森は木々も草花も苔も自然のままという感じ。苔むした垂壁をドキドキしながら登ったり、密生するハイマツに体を押し戻されながら体を前に動かすなかで、「私たちは山で『遊ばせてもらっている』のだ」ということを実感できます。本当に心地よいルートでした。

どちらの山も、お仕事が形になるのは来年です。
発表になったら、また報告させてもらいますね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-09-28 22:09 | 仕事のこと。 | Comments(0)