最近の仕事2

d0100314_23105091.jpgまたいくつか宣伝です。

●関西から行くゆる登山(実業之日本社刊)
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00843-1
関西方面で山を楽しんでおられる方々、お待たせしました。拙著「東京近郊ゆる登山」の関西版が発売となりました。関西のステキな山が、ゆる登山テイストで紹介されています。この本については、本編は関西の女性ライターさんが執筆をしていまして、私はハウツウやコラムと最後の山「富士山」の記事を書いています(というか、「東京近郊ゆる登山」の記事を流用している形です)。

関西にも楽しそうな山がたくさんあるらしいのは聞いていて、そういう場所をまとめた本があればいいのにな、もうちょと近ければ自分が取材にいって作りたいんだけどな(近くないからムリですが)…と思っていたので、この本は私にとってもうれしい限り。関西方面に遠征の際は、この本を持ってゆる登山を楽しんでこようと思います。

●ナショナルジオグラフィック日本版 webナショジオ
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120913/322985/
月替わりのインタビューのページがあるのですが、9月号はプロ登山家の竹内洋岳さんです。
で、よーく見ると、インタビュアーが私です。ひぃぃ。

お仕事の依頼を受けたときは正直、竹内さんは雲の上の人で、インタビューなんて絶対ムリムリ!と思ったのですが「登山を知らない読者に、素人の目線?で分かりやすく竹内さんのことを伝えてほしい」というお話だったので、なんとかがんばってみよう、と引き受けました。下調べをたくさんして、何を聞くかいろいろと考え、緊張で胃がキリキリした状態でのインタビューでした。…が、初めてお目にかかる竹内さんはにこやかで、偉業を達成したプロなのに全然威圧的でなくて。たぶん同じことをいろいろな人から何度も聞かれているだろうに、ひとつひとつ丁寧に分かりやすく質問に答えてくださいました。有り難かったです。

…が、出来上がったものを見てみると、どうしてここをもっと突っ込んで聞けなかったんだろうとか、ここはちょっとわかりにくんじゃないかとか、反省することしきり。せっかく時間をとってお話を聞くのだから、インタビューの相手がいかに魅力的かを、できれば自分の目線で伝えたい。…今回、竹内さんの偉業には多くの人たちが注目していて、同様のインタビュー記事はあちこちで出ています。そんななかで、自分だからこそ引き出せた言葉やエピソードがあったのか。インタビューは難しいです。

…でも、担当者のアドバイスもあり、限界まで頑張って書いた原稿です。竹内さん自身の魅力、登山、そしてヒマラヤのすばらしさが少しでも伝わればと思います。

御興味ございましたら、チェックしてみてくださいませ。
[PR]
Commented by morikatu at 2012-10-03 13:29 x
池袋の本屋で売ってましたよ!
竹内さんは新宿の石井sportsで働いてましたね
道具買う時話しかけられた記憶あります。
Commented by ニシ at 2012-10-03 16:52 x
>もりかつさま
おお、報告ありがとうございます。
この本、いってみたいなぁと思っていた関西方面の山が
軒並み掲載されていて、ちょっとクラクラきました。

竹内さんは、プロ宣言される前はお店に出ておられたのですね。話しかけられたんだぁ。。いいなぁ。。。
by toshizo-Ni | 2012-09-30 22:35 | 仕事のこと。 | Comments(2)