僕等の山第2章・七倉岳

d0100314_1446998.jpgクリスマスイブから山に行ってました。

北アルプス・後立山の七倉岳です。登山道でない尾根を登って山頂を目指す計画でした。所属する山岳会の先輩K隊長と、同期の大学生王子と私。…3月の北葛岳と同じメンバーですね。12/24から予備日も含めて12/30までの計画。1週間も山にいる(かもしれない)のは初めてです。体力の有り余っている2人と1週間も、体がホントにもつのだろうか、自分のせいで登れないなんてことになったらどうしよう…不安一杯のスタートでした。

とりあえず、ある程度予定どおりの行程ですすむことが出来ました。…とはいえ、私はついていくのが精一杯。ラッセルやルートファインディングは2人に任せ切りになり、とにかく「追いつくこと」だけを考えてヨロヨロ歩くような状態でした。3日目からは疲労であまりものが食べられなくなりました。…それでも北葛岳の教訓(苦笑)が生き、私は「スレスレで無理をしない」状態をキープでき、2人も私の駄目具合に慣れていたようで、それなりにバランス良くすすめていたような気がします。そうそう、24日の夜はちゃんとクリスマスケーキも食べましたよ。昨年同様、スポンジやクリーム、フルーツを持参し、みんなで手作りしました。えへん!

d0100314_14462628.jpgこの山行に備え、11月に偵察山行をしています。そのときは七倉尾根の稜線から今回歩くルートを途中のピークまで下りました。偵察をしたピークに到達したのが4日目。前方で隊長が「赤布あった!」と歓喜の叫び声をあげています。うわー、来たよ、来ちゃったよ。じわじわと喜びがこみあげてきます。この日はつけた赤布のそばの岩影で1泊。翌日は偵察の甲斐あって、核心となる岩場も割とすんなりと進むことができました。そして七倉岳の稜線、ジャンクションピークへ到着! …このときには体力が尽きかけていて、緩い登りなのに全然足が進まず、先行していたふたりをかなり待たせてしまいました。申し訳ない。到着時も「嬉しい」というより「疲れた、もう駄目だ」という気持ちのほうが大きかったような。そのまま荷物をデポして七倉岳山頂を往復。とりあえずみんなで山頂に立ててよかった…。

山頂に立ったのが5日目(28日)の昼前。この日の午後から天気が悪くなるのが分かっていたので、なるべく下まで下りてしまおうということになります。下山は一般登山道(七倉尾根)だったのですが、積雪もそれなりにあり、登山道は全然見えなくなっています。先行者が慎重にルートファインディングしながら進みます。樹林帯に入ったあたりで雪が降り始め、とにかく今日のうちに下山してしまおうと決断。水を多く含んだ雪に全身を濡らしながら、ひたすら下り続けます。七倉に着いたのが16時過ぎ、高瀬館前に着いたのは17時半。長かった。本当に長かった。でもとりあえず体がもってよかった。

…今日のうちに下山して、みんなで高瀬館に泊まろう!と頑張ったのですが、なんと、高瀬館さんが痛恨の休館日(日帰り入浴はできるけど宿泊ができなかった)! 全員魂が抜けてしまいます。私に至っては、ショックのあまり胃液を吐きました(苦笑)。とりあえずタクシーで大町まで戻ることに。そこでタクシーの運転手さんに親切にしてもらい、駅近くの旅館を紹介してもらえました。旅館に転がり込み、風呂に浸かって思い切り脱力。翌日は宿でのんびり朝寝坊し、電車を乗り継いで帰京したのでした。

歩いたルートは本当にすばらしいものでした。詳細は後日山岳会のHPにアップ予定。そして、終始ラッセル&ルートファインディングをがんばってくれたK隊長と王子に感謝。ふたりのおかげで、私もすばらしい山行に同行できました。いつもありがとう。前回の北葛岳は、私が凍傷になったせいで喜びも半減でしたが、今回はみんなで完登を喜び合うことができて、本当によかった。

1年の最後をすばらしい山行で締めくくることができました。おつかれさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-12-30 14:06 | 山や岩のこと。 | Comments(0)