ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2013年初登山・中山尾根

1月3連休のはじめ2日、八ヶ岳にいってきました。

所属する山岳会のうっしーさんとみーちゃんと3人で、中山尾根を登ってきました。本当は前の週に行く予定でしたが、年末の七倉岳から足指先のしびれが残っていて、ちょと無理かなぁ、翌週だったら何とかなるかなぁ、ということで、計画を変更してもらいました。すみません。

初日は美濃戸から赤岳鉱泉の天場まで。出発が遅かったので、この日はすぐにテントを張り、宴会モードでした。やっぱり山で飲むお酒は美味しいな。でもなぜだろう、あまりお酒が進みませんでした。くすん。

翌日は朝暗いうちにテントを出て取り付きへ。取り付きまでの急な登りでかなり息があがってしまいました。相変わらず弱いな、自分。中山尾根じたいは、岩を登る部分が多く、ちょっと緊張。うっしーさんがスラスラとトップで登り、後続を引き上げてくれたのですが、やっぱりアイゼンを履いての岩登りはちょっと苦手です。一番始めの一歩がなかなか踏み出せずに躊躇してしまいました。すみません。。また、心地よい雪稜と思っていた斜面は、雪が少なくて微妙な草つきになっていました。登れずにテンションかけたり、キャーキャー言ったりしましたが、ロープで確保してもらい、結局とても気持ちよく岩が登れたような気がします。

昼前に登攀終了し、さっくりと天場に戻り、翌日も別ルートを登攀するふたりに別れを告げてひとり下山。ひとりで寂しいので自然と足が早く進み、15時過ぎに美濃戸口へ。ふう、疲れた。

同行の方々のおかげで、新年最初の山登りも楽しく気持ち良くできました。
おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-01-14 20:42 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧