1月のお仕事。

報告が遅れましたが、告知させていただきまっす!

●岳人2月号
1月15日に発売になっております。今月号の山道具連載「山道具2013」、西野が原稿を書いております。げええっ、今年も西野が原稿を書くのか!とおっしゃるみなさま、申し訳ありません。今年も私が隔月で担当をさせていただいております。ちなみにもうお一方は山道具に詳しいライターの若月武治さんがご担当をされています。つまり昨年と同様の布陣でございますよ。今年は奇数月が若月さん、偶数月が西野です。誰ですか、奇数月だけ買おうとか言っているのは!!(滝涙)

今年の山道具の原稿かきで特に意識しようと思うのは「知ったかぶりをしない」こと。分かりにくい用語が出て来たとき、分かったようにサラッと書くのではなく、分かる言葉にかみ砕いて解説する。そのうえで、過去2年間の知識が少しでも上乗せして、分かりやすく、ちょっと面白い記事が書けたら…と思っています。

今月のテーマは「アイゼンとピッケル」。「厳冬期の縦走や雪稜登攀などに使うピッケル・アイゼン」をテーマに紹介をしています。ピッケルもアイゼンも、こんなにたくさんのメーカーから出ているんだな…と、ちょっとビックリすると思います。正直なところ、見た目はさほど変わらないように見えますが、微妙に使い勝手が違います。そして最終ページのコラム「ピッケル・アイゼンの選び方」は、四ッ谷にある山の店デナリの平野さんからお話をうかがいました。非常に分かりやすい解説でした。平野さんは知識のひとつひとつがとても深く、ついていくのに必死でした…。そして、彼をご存知の方なら、「ああ、取材のときはこんなふうにしゃべっているんだろうな」というのが意訳(?)できて面白いと思います。

●山と渓谷2月号
「山のリスク回避術100」という特集ページのうち、計画・準備編と宿泊編の原稿を取材執筆しています。

ヤマケイさんでお仕事をさせていただくのは初めてです。
月刊誌のお仕事、慣れていないわけではないのですが、非常に緊張しました。どんな本でもそうですが、はじめての会社、あるいは初めての担当者との仕事って、これでいいのかな、大丈夫なのかな、迷惑かけてないかな…本当に緊張します。今回は最終作業のときに不在にしていた(七倉岳に行ってた)ので、担当の方にいろいろお手数をおかけしてしまったかも。すみません、すみません。。

山岳ガイドの遠藤晴行さんにお話をうかがい、原稿をまとめました。冬山のガイド山行の準備でお忙しいなか、お話をうかがわせていただきましたが、非常に初歩的なことを分かりやすく解説いただき、本当に助かりました。自分たちが普段何気なくしていることが、思わぬリスクにつながっています。そもそも山に行くことじたいが「リスクの始まり」という側面もあります。何故危ないのか、実際にどんなトラブルが起こりうるのか。お話を伺う中で、分かっているように思っても実は分かっていなかったことや、違う側面に目を向けなくてはならないことも多かったです。当たり前のことだからと流さず、一度じっくり考えてみるって、大切なことなのだな…と、取材を通じて感じました。

そんなわけで、どちらも好評発売中(だと思います)。御興味ありましたら、是非!
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-01-21 21:10 | 仕事のこと。 | Comments(0)