ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シャワークライミングと初夏の花:井戸沢(那須)

d0100314_9165544.jpg6月23日(日)、那須の井戸沢にいってきました。

所属する山岳会の人たちに、お仕事仲間のカメラマンさんをまじえて、総勢4人で。当初は土日で泊まりの沢に行き、焚き火&釣りを楽しむ予定だったのですが、金曜まで雨が降っていて少し不安だったので、日曜日帰りの沢に変更しました。ここにいったことのある知人達が「すごくきれい」「滝がいっぱい」と絶賛していた沢で、以前から行きたいと思っていたのです。

天気は雲多めの晴れ、暑過ぎず寒過ぎずのなか、快適に沢登りが楽しめました。明るくてきれいな沢は、日の光を浴びて水がキラキラとしています。滝が次々と現れ、そのすべてが高巻きせずに登れるのが楽しくて。あまりにテンションが上がり過ぎて、最後は「わざわざ水が流れているところを選んで」登っておりました。40過ぎて水浴びにはまるなんてねえ…苦笑。ああそういえば、初めにちょっと道を間違えました。はじめにある分岐で、水流の多いほうに行きましたが、間違いでした。分岐のあるところでは、思い込まず面倒がらずに地図を合わせることが必要ですね。

下山は登山道を途中まで下り、中丿沢を下降。登山道は夏の花がずいぶんあちこちに見られました。沢の詰めではシナノキンバイ(かな?)やイワカガミ、ハクサンチドリ、コバイケイソウなどが咲いていました。登山道沿いにもいろいろと。あと、分岐の大峠近くにはコケイランの群落も。びっくりです。中丿沢は傾斜がゆるくナメが続く沢。もう少し暑ければ、ウォータースライダーとか楽しめたんだろうなぁ。今回は暑くなかったし、水流も少し激しい感じだったので辞めておきました。それでも終盤、ちょっと(腿ぐらいまで)水に浸かろうかと思って淵に入ったら、思いのほか深くて、思わずちょっとだけ泳いでしまいましたよ。楽しかった…けど、全身ずぶぬれ、ちょっと寒かったです。下山後は温泉に浸かって温まり、帰京。

ずっと前から気になっていた沢、予想以上にきれいで楽しい沢でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-26 09:16 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by ぜいぜい at 2013-06-26 19:22 x
ご無沙汰してます。
井戸沢いい沢ですよね。
うちは昨年7月で、詰めのニッコウキスゲがかわいかったです。

>40過ぎて水浴びにはまるなんてねえ…

いえいえ、大丈夫、うちは50から沢はじめましたから~
Commented by ニシ at 2013-06-27 09:57 x
>ぜいぜいさん
ニッコウキスゲは、つぼみがたくさんありました。
たくさん咲くんでしょうね。
あんなに花がたくさん咲いているとは予想外でした。

50から、ですか。でも今はすっかり沢ヤですよね。
ぜいぜいさん、すごいなぁ。。
Commented by ままみ at 2013-06-28 08:36 x
お久しぶりです。
50過ぎて、カトリンさんに誘われて、初めて沢歩きしましたww
井戸沢、お花が沢山咲いていてビックリでした。
楽しくて沢にはまりそうです。
Commented by ニシ at 2013-06-28 09:00 x
>ままみさん
お久しぶりです。井戸沢、いらしたのですね。
難しいところ、怖いところがなく
ひたすら楽しい沢だと思いました。
いいリーダーと、いい沢に行くと、はまりますねえ。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧