いつもと違う山

d0100314_22124049.jpg
火曜日、日和田山にいってきました。

クライミングではありません。お仕事です。雑誌の「地図読み特集」の企画で、ゆる登山にも掲載している物見山〜日和田山のハイキングコースを歩いてきたのです。

先週末の雪で、このあたりもかなり雪が降りました。前日まで、西武線は高麗から先が不通となっていました。この日も正丸から先は運休。どうなっていることやらと、ドキドキしながら歩き始めました。

標高500mにも満たない山、本来なら真冬でもほとんど雪の降らないところのはずが、深いところで膝下ぐらい潜る潜る。アプローチの舗装道路は途中までしか除雪が入っておらず、ところどころひどい倒木もあり、いつもの道と全然雰囲気が違っていました。おかげで、登山道への入り口が一瞬分からなくてドキドキ。でも、日曜からずいぶん人が入っていたらしく、トレースはしっかりついていました。

道中はずっと雪。空気は澄んでいて眺めもよく、仕事とはいえ気持ちよく歩けました。最後に金比羅神社から見た真っ白い巾着田や、頭をちょとだけのぞかせている富士山、なかなか感激でした。

見慣れた山の全然違う姿、楽しんで歩けました。ありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-02-20 22:13 | 山や岩のこと。 | Comments(0)