ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

山に行けない週末。

d0100314_23283614.jpgいい天気だなぁ、山日和だなぁ…と思いながら過ごす週末。
捻挫をした右足首は、少しずつ、本当に少しずつよくなっています。初日は足を床に着くのもつらいぐらいでしたが、今はまあまあ普通に歩けます。ただし下りの階段が駄目ですが。あと、テーピングで固定している足首の、うっ血?がずいぶん爪先まで下りてきて、ちょっとグロい感じです。

山に行けないなら、山にいたら行けない場所へ。

今日は、東京都写真美術館で開催している「黒部と槍」展にいってきました。戦前の登山家で、黒部の主と言われた冠松次郎と、北アルプスで最初期に山小屋を開いた穂苅三寿雄を、写真や文章で紹介する企画展です。
深く険しい黒部の峡谷、槍や穂高、3000mの北アルプスの山々の連なり。彼らが残した写真からは、今も昔も変わらない(場所によっては大きく変わってしまった)北アルプスの姿がいきいきと伝わってきます。山を愛し、山に愛された人たちだったのだなあと思わずにいられません。冠松次郎のことをもっと知りたくなって、ミュージアムショップで本を1冊だけ購入。ホントは彼の写真のポストカードがあれば買いたかったんだけどな。

写真の展示も素晴らしかったのですが、個人的にツボだったのは、入口の外で上映されている20分程度の映像。昭和7年に撮影されたもので、松本から上高地に入山し、槍ヶ岳から表銀座を縦走して燕へ向かい、中房温泉に下山する様子を撮影しています。山の様子はもちろんですが、上高地温泉ホテルや五千尺ホテル、燕山荘など今もある宿が登場したり、登山者の服装や行動なども興味深いです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-03-16 23:29 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧