春の始まり

d0100314_1750981.jpg1週間で3回山へ。

NHK文化センターの「東京近郊ゆる登山」講座です。
2014年春夏バージョンは、第2土・日曜と、第3水曜日に講座を開催いたします。先日の土日にそれぞれ講座を行いました。 土曜日は昔からやっている土曜クラスの初回で三浦富士、日曜日は新設クラスの初回で浅間尾根へ。実は先週の水曜日は2013-14年秋冬バージョン水曜クラスの最終回で金時山へ。…1週間で3回山へ行くことになりました。で、さらに今週の水曜日は2014年春夏バージョン水曜クラスの初回。たまたまとはいえ、ちょっときついです。

4月の低山は芽吹きの季節。枝先に力をためた木々が淡い緑色や濃い赤色の若芽をつけ、日当りのよい足元には色とりどりの花が咲き乱れます。日の光は暖かく、それでいて吹く風はまだ少し冷たい。遠くに見える3000m級の山々はまだ雪をかぶっています。歩くのに心地よく、歩くだけで元気になれそうな季節です。

浅間尾根は山の花が見頃を迎えていました。顔を上げればサクラが見頃を迎え、ミツバツツジが紫の花を咲かせていました。そして日当りのよい広葉樹の林床にはカタクリが満開!!講座とはいえ嬉しくて雄叫び(すみません…)。さらに、アズマイチゲやにりんそうのつぼみ、満開のスミレ。そういえばシロバナエンレイソウもあったな。花好きにはこたえられない季節です。花の姿はほんの一瞬。出逢えたことに感謝。

講座を始めて4年目。これから山を始める人が、安全に楽しく山に向かい合ってほしいと思って続けています。ただ一緒にのんびり歩くだけ、それだけの講座ではありますが、そのすばらしさを知ってもらえたら…と思います。今シーズンも事故なく、楽しくいけますように。がんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-14 17:50 | 仕事のこと。 | Comments(0)