上野村山開き

d0100314_2051551.jpg
群馬県上野村の山開きにいってきました。

上野村は群馬県の南のはじっこ(という表現でいいのか?)、埼玉県や長野県との県境にあります。6年前から毎年この時期に山開きのイベントをしているようです。藪山ハイキングの第一人者、山歩きライターの打田えい一さんのお誘いで、いってきました。

山開きでは神事のあと、村内の低山を登ります。例年違う山に登っているようですが、今年は標高1500mぐらいの金比羅山に登りました。…といっても、この山、私の持っている山と高原地図には登山道どころか山名すら掲載されておりませんでした。マイナー山です。

実際には中腹の金比羅神社までは登山道があり、その先は怪しい踏み跡?をたどる尾根歩きとなります。低山とはいえ侮りがたく、ファンキーで楽しい山歩き。冬の豪雪の名残で沢沿いに雪が残り、山はようやく春が始まった感じ。木々が芽吹き始め、ミツバツツジが赤紫色の花を咲かせていました。

下山後は美味しいイノブタ汁で温まり、さらに温泉で温まり、心地よく帰途についたのでした。初参加でしたが、地元の皆様の素朴なおもてなしも嬉しく、とても楽しい1日でした。アプローチがやや悪い場所ではありますが、おもしろい山がたくさんありそう。また訪れてみたいと思います。素敵な出会いに感謝。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-22 20:03 | 山や岩のこと。 | Comments(0)