仲間と沢旅・楢俣川ヘイズル沢

d0100314_17585760.jpg7月3連休、仲間たちと久々の沢登りに。

3日まるまる使って東北遠征を考えていたのですが、天気予報は全日雨。多少の好転を期待して、7/20-21に、楢俣川の支流、ヘイヅル沢〜アリキノ沢にいってきました。所属する山岳会の面々と、総勢4人で、奥利根の沢に足を運んだのです。

たぶん前日までの雨で水量はやや多めでした。いつもなら躊躇なく登れるであろう小滝もちょっと考えてしまう感じ。結局何度かロープを出しました。

それでも…。噂どおりの素敵なナメに心洗われ、登れる小滝に心躍らせ、頼まれてもいないのに淵に飛び込み(え?)。もちろん夜は焚き火。高台の素敵な森の中にツェルトを張り、河原で焚き火を囲みます。楽しさに酒が進み、仲間が釣ってくれた魚も美味しくいただきました。

やっぱり仲間たちと行く沢は楽しいな。泊まりで焚き火ができれば言うことなし。おつかれさまでした。
[PR]
Commented by ぜいぜい at 2014-07-27 22:06 x
沢は泊まってなんぼですよね。
ヘイズル沢、美しいですね、うちもいつかはです。
Commented by ニシ at 2014-07-30 16:05 x
>ぜいぜいさん
そうですね、泊まらないと、そして焚き火をしないと。
ヘイズル沢、とてもよい沢でした。ありきの沢ではなく、ヘイズル沢の左俣?を遡行する人が多いようですね。
by toshizo-Ni | 2014-07-27 17:59 | 山や岩のこと。 | Comments(2)