ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秋山、出ました!

d0100314_16375943.jpg立て続けに?お仕事の報告です。

●秋山2014(東京新聞出版部)
今まで、山の専門誌「岳人」の別冊として夏と秋に発売していたムック本です。岳人が東京新聞出版部の手を離れたので、(たぶん)今回が最後の号となります。
秋に歩きたい山のコースガイドを中心に、思わず行きたくなる山々が掲載されています。

西野の仕事は、ハイグレードトレッキングとして、火打山〜雨飾山の縦走ルポを書いています。本来、別冊岳人(一般縦走路を楽しむ登山者向け)向けではない、ややハードな稜線歩きですが、最後なので(苦笑)無理矢理入れてもらってしまいました。

この取材で山に向かったのは昨年の10月上旬。なかなか天候が安定せず、紅葉が終わっちゃうよ、どうしよう〜と焦りながら、なんとか悪天候のあいまをぬって取材を行うことができました。しかしこのルート、初日の歩行時間が12時間以上。アップダウンもかなりある激しいコース。テントを担いで、まあまあハイペースで歩いたら、最後はかなりヘロヘロになりました。初日の夕方は、かなり魂が飛んでいたような…。おそらく文脈からそんな様子がちらちらと見える、汗と涙のルポであります(…え?)。

撮影は、山道具の連載でずっとお世話になっていた石森孝一さん。素敵な青空、紅葉の景色を切り取ってもらいました。ありがとうございます。

他にも素敵なルートがダイナミックな写真とともに盛りだくさん。
この秋どこへいこうかな、と思う人には是非。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-08-27 16:38 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧