山取材佳境

d0100314_10533697.jpg9月後半、ガイドブックの取材も佳境でございます。

マイタケ狩りの翌日、ガイドブックの取材で、焼岳に日帰りで行ってきました。
天気予報を見て急に決めたので、カメラを担いでひとりでいってきました。。天気はバッチリ、山頂からは穂高も槍も笠も、素晴らしい眺めに立ち去るのを躊躇してしまうほどでした。上高地には何度も訪れているし、いつも「下から見るだけの山」でしたが、登ってみたらそれなりに登りごたえもあり、いい山でした。

上高地から入山し、中の湯に下山しました。入山はすごく静かで、上高地バスターミナルにはすざまじく人がいたのに、こちらの登山道は人っこ1人居らず。笹薮に囲まれた道を歩きながら熊の恐怖に歌いまくり、無駄に体力を消耗したかもしれません。平日とはいえ北アルプスだし、人気の山だし…と思っていましたが、一人歩きの時は、人気エリアでも鈴必携ですね。
下山後は中の湯温泉で立ち寄り湯、いいお湯でした。そしてバス停まで歩いていたら、親切な方が車に乗せてくださいました。山ですれ違った方でした。ありがとうございました。

そして台風の通過にやきもきした最終週は南アルプスへ。
北沢峠をベースに、仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳にいってきました。台風の進路に悩まされ、急きょ日程変更した取材でしたが、結果的には両日快晴、気持ちよく歩くことができました。上出来です。紅葉はぼちぼち見頃でしょうかね。山頂から中腹にかけて、赤や黄色がすごくきれいでした。台風とか低温の被害を受けていないせいか、ナナカマドの赤、ダケカンバの黄色がいい感じです。

ちなみに「初めて歩いた日本アルプス」が、実は甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳でした。もう15年くらい前の話です。旅行会社のツアー登山で行きました。北沢峠ベースで、1日1ピークの登山でしたが、甲斐駒ヶ岳は悪天候で登頂できず、仙丈ヶ岳も登頂したもののガスガス。そもそもアルプス初心者で何も分からずに参加したため、ルートに関する記憶はほぼゼロ。新鮮な気持ちで、素敵な山を満喫できました。

仕事だけど、時間にゆとりがなくて体力的にきついけど、今年の夏〜秋はいい思いをたくさんさせてもらっています。おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-09-30 10:42 | 仕事のこと。 | Comments(0)