晩秋の北アルプス・蝶ヶ岳

山仕事で蝶が岳に行ってきました。

ガイドブックのお仕事です。カメラ担いでひとりで、三股登山口から登って、上高地に下山。蝶ヶ岳ヒュッテさんにお世話になりました。ヤマテンで大荒れ予報が出ていて、ちょっとドキドキ。よみがえる10月劔岳の悪夢(劔沢テント泊で一夜にして冬山になり、冬山装備何もなくて死ぬ思いをしながら下山した)。一応多少の積雪も覚悟して出かけました。

登り始めはいい天気。はじめは高いところに雲がかかっていたようですが、歩くにつれてクリアになってきました。稜線に出たら雲ひとつない快晴。槍と穂高がいつもと違う角度でお出迎えしてくれました。嬉しい…。少し早めに小屋に着いたので、その日のうちに蝶槍まで往復してきました。夜、かなり強い風がふき、積雪も若干あったようなのですが、朝は既にいい天気。風が強く、槍穂には雲がかかっていましたが、時間がたつと回復したようです。見晴らしのない樹林をどんどん歩き、上高地に下山したら、穂高の山々がきれいに見えていました。

仕事とはいえ、晩秋の山を気持ちよく歩けました。お疲れ様でした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-10-20 17:30 | 仕事のこと。 | Comments(0)