ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

岳人11月号

遅くなりましたが、お仕事の報告です。

岳人11月号(10月15日発売)
「新名山行」というコーナーで、武甲山について記事を書きました。
奥武蔵の名峰・武甲山。私の大好きな山のひとつです。秩父のあたりまで足を伸ばすと、どこからでも見えるどっしりとした三角形の山。セメント工場が山麓にあり、今も採掘が続いています。むき出しの採掘の跡は遠目にも眺められ、「かわいそうな山」と評されることも多い山。

しかし本当に武甲山はかわいそうなのか? 
この山を知り、歩くようになってから、「かわいそうな山」と感じたことは一度もありません。静かな山道を歩いて行くうちに、浄化され、満たされていくような感覚をいつも味わっています。歩き終えるといつも「ああ気持ちよかった、ありがとう」という気持ちになります。信仰の対象となっているような山では、いつも同じような気持ちになるような気がします。人々に慕われ、寄り添われて、それが山の「気」となっているのではないか。…外から見える姿が、必ずしも「真実の姿」ではないのかもしれない。この山を見て、いつもそんなことを思ってました。

…もっと各所にリサーチをすれば、骨太なルポになったのですが、今回は私的な感想(感傷?)が中心です。すみません。

ルポの撮影に同行してくれたのは、古くからの仕事仲間であるカメラマンの松倉広治さん。登山道の心地よさ、山の荘厳さが伝わる素敵な写真をありがとうございました。

メイン特集は「加藤文太郎」。山行の記録や登山スタイルなど、さまざまな角度からのアプローチが面白いです。御興味ございましたら、是非。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-10-22 22:53 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧