岳人11月号

遅くなりましたが、お仕事の報告です。

岳人11月号(10月15日発売)
「新名山行」というコーナーで、武甲山について記事を書きました。
奥武蔵の名峰・武甲山。私の大好きな山のひとつです。秩父のあたりまで足を伸ばすと、どこからでも見えるどっしりとした三角形の山。セメント工場が山麓にあり、今も採掘が続いています。むき出しの採掘の跡は遠目にも眺められ、「かわいそうな山」と評されることも多い山。

しかし本当に武甲山はかわいそうなのか? 
この山を知り、歩くようになってから、「かわいそうな山」と感じたことは一度もありません。静かな山道を歩いて行くうちに、浄化され、満たされていくような感覚をいつも味わっています。歩き終えるといつも「ああ気持ちよかった、ありがとう」という気持ちになります。信仰の対象となっているような山では、いつも同じような気持ちになるような気がします。人々に慕われ、寄り添われて、それが山の「気」となっているのではないか。…外から見える姿が、必ずしも「真実の姿」ではないのかもしれない。この山を見て、いつもそんなことを思ってました。

…もっと各所にリサーチをすれば、骨太なルポになったのですが、今回は私的な感想(感傷?)が中心です。すみません。

ルポの撮影に同行してくれたのは、古くからの仕事仲間であるカメラマンの松倉広治さん。登山道の心地よさ、山の荘厳さが伝わる素敵な写真をありがとうございました。

メイン特集は「加藤文太郎」。山行の記録や登山スタイルなど、さまざまな角度からのアプローチが面白いです。御興味ございましたら、是非。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-10-22 22:53 | 仕事のこと。 | Comments(0)