思い出の詰まった山・赤岳

d0100314_17472731.jpg
ガイドブックの仕事で、八ケ岳にいってきました。

美濃戸口から赤岳に登りました。天気に恵まれ、晩秋のきりっと冷えた空気のなか、気持ちよく歩くことができました。山頂からは文字通り360度の大パノラマ。南・中央・北アルプスの山々がずらりと眺められ、その先には北信の山々。南アルプスの左手には雪をかぶった富士山も。なんだか仕事とはいえこんなに素敵な眺めを満喫できて、申し訳ない…(苦笑)。宿泊は赤岳鉱泉さんにお世話になりましたが、暖かくて快適な山小屋で、美味しい食事をいただき、生ビールも飲み、本当に申し訳ない…。

考えてみたら、無雪期に八ケ岳って最近ホントに行ってませんでした。昨年の夏に雑誌の取材で、硫黄岳から横岳、赤岳と縦走を試みたときはずっとアメガスで何も見えませんでした。(しかも天気が悪過ぎて地蔵の頭から下山。赤岳には登れなかったし)。積雪期には何度か訪れていて、真っ白い尾根は比較的見慣れているので、黒々とした岩尾根がなんだかすごく新鮮でした。こんなに荒々しかったんだなぁ…。

山を始めて、高い山を少しずつ歩き始めた頃は、八ケ岳にはよく訪れていました。都心からアクセスは便利だし、いい山小屋もたくさんあるし。雪のあるときにもないときにも、ひとりでも山仲間とでも、訪れていました。そういえばmixiの山コミュでオフ会登山をしたのも八ケ岳でした。岩稜のお花畑が見たくて梅雨どきにひとりで歩いたことも、1月に1人で赤岳を目指したものの、悪天候で泣く泣く途中下山したこともあったっけ。山岳会に入ってから、同世代の仲間たちと全山縦走を試みたのはもう何年前になるんだろう。

最近はすっかり行かなくなってしまったけど、思い出の詰まった山。
今度はいつ来られるかしら。来年、全山縦走、リトライしてみるかな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-11-04 17:45 | 仕事のこと。 | Comments(0)