ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2月のゆる登山講座

2月は第一週土曜と、その翌日が「ゆる登山講座」でした。

土曜日は、先月に続き鷹取山へ。
朝はとても寒いと思ったのですが、日中はぽかぽかと暖かく、気持ちよく歩けました。月曜に訪れたときは見られなかったヤブツバキの花が咲いていたりして、少しずつ季節はめぐっているのだなと思いました。

下山後は、受講生の皆さんと懇親会。山の話や今年の講座の予定の話などで盛り上がりました。最後に皆さんに「山に関する今年の抱負」を語ってもらいました。具体的な山名を挙げる方、講座への取り組み方を語る方、いろいろで面白かったです。私の抱負、講座に関しては「無事故」。遭難や怪我などのトラブルなく、毎回笑って歩き始めて、笑って解散できるようにしたいです。

日曜日は、景信山から陣馬山への縦走…の予定でした。
天気予報は曇りときどき雨。昼前ぐらいまでもってくれればいいなと思って実施をしたのですが、実際には景信山に着いたところで雨まじりの雪に。結局、底沢峠まで進み、陣馬高原下に下山しました。雪解けの地面はかなりドロドロ、雪が残っているところは少し凍って硬くなっていて、やはりこの時期の低山は侮れません。でも、木々に雪がうっすらと積もっているのはとても美しく、雪の積もった平地に足跡をつけて歩くのは楽しく、この場所でこんな景色に出逢えるのは「ギフト」だなぁ…と思ってしまいます。

ただ、、講座としてはNGですね。雨どころか雪の中を歩くのに慣れていない受講生の皆さんは、本当に大変だったと思います。なんとか全員で無事に下山はできましたが、正直危なかったですね。。このクラスはもうずいぶん長くつきあっている方々が多く、多少油断しているところがあったのかもしれません。現地での天候判断や、受講生の管理、いろいろと反省するところが多かったです。

いろいろありましたが、今期の講座はあと1回。気を引き締めてがんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-09 23:56 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧