常春じゃない。湯河原幕岩

d0100314_22465399.jpg

土曜日、湯河原幕岩正面壁にいってきました。

所属する山岳会のクライマー先輩Y氏(師)、後輩と、3人でいきました。天気予報で「晴れ、風がなく暖かい日」と聞いていたのですが、終日どんよりと曇りで気温は上がらず、ときどき風とともに冷気が吹き付ける1日となりました。そんな天気になのに、岩場にはたくさんの人が貼り付いていました。外国人(欧米か!?)のグループがいて、かなりインターナショナルな雰囲気をかもしだしてました。

考えてみたら、初めてここに来たのはもう5年以上前。当時いた山岳会の先輩方と、やっぱり梅の咲いている時期に来たんだった。当時は岩の崩落か何かで登攀禁止のエリアが広くて、知らずに正面壁に取り付いて管理事務所に怒られ、降りてきたら人だらけでどこも登れなかった…という。

基本的に、先輩にトップロープをかけてもらって登る、というのを何本か。はじめは全然登れなくて泣きそうになりましたが、気温が少し上がるにつれて、岩に慣れるにつれて、少しずつ楽しくなってきたような気がします。一番最後に、すごくカンタンで短いルートをリードで登ってみました。緊張したけど、、面白かったな。

先輩の登りを見て、いろいろとお話をして、今期したいことと、そのためのアプローチが見えてきたような気がします。そのためには「自分に言い訳しないで時間を作る」こと。がんばろう。

今度はいつ行けるかな。シーズン中にもう何度か行けたらいいんだけどな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:47 | 山や岩のこと。 | Comments(0)