山で秋の声をきく

引続き、ガイドブックの仕事で低山ハイキングを続けています。

今年の夏はずいぶん暑くて、7月の山仕事は本当につらかった。汗だくでコースチェックをして、山は蒸し暑く、気温が高いぶん眺望もすぐれなくて。

ところが、お盆の最後に奥多摩の山に入ってみたら、ガスに巻かれてちょっと寒いなと思ったり、陽が差していると暑いけど日陰はだいぶ涼しいなと思ったり…。野に咲く花も、ソバナやミズヒキ、フシグロセンノウ…夏の終わり、秋の初めの花になってました。街なかではまだまだ暑いと思っていても、山は秋が始まっているんだなぁ…と実感。

そして昨日、再び奥武蔵へ。曇り予報を宛にしていったら終日雨。しかも途中から風もあって。「ああ、今日は寒いな」と思ったのでした。夏にはあれだけ響いていたセミの声も、もう聞こえません。すっかり秋なのですね。

そして、久々に道間違い。
なんかオカシイな、でも一応道あるし、テープついてるし…と進んでしまって、正しい道を進んでいたらあるはずのない林道が出て来て、ようやく間違いと確定。来た道を急いで戻ったら、山頂を見落としてへんな道に入り込んでしまってた。雨でちょっと集中力が切れていたのと、思ったより早く歩けていて「これなら早く帰れる〜♪」とスケベ心を出してしまったのが敗因。まったくもう。

今年はずいぶん暑いと思っていたけど、秋が来るのも早いようです。取材、急がなくちゃ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-08-26 14:43 | 仕事のこと。 | Comments(0)