水と戯れる:水根沢

d0100314_18114724.jpg
日曜日は沢登り。
山岳会の人たちと奥多摩の水根沢にいってきました。以前行ったのは前の会にいたとき。同行者のひとりに「泳ぎの沢だけど大丈夫?」と心配され、そんな記憶はあまりなかったのだけど、行ってみたらやっぱり泳ぐというより水と戯れる沢でした。泳ごうと思えば泳げるゴルジュ、水を浴びようと思えばいくらでも浴びられる滝。でも巻き道はみんなけっこう歩きやすくて。人気がある沢にはそれだけの理由があるんだなぁ。いくつかのパーティが入渓していました。

たっぷり水に浸かり、修行のように滝で水を浴びたら、すっかり体が冷えてしまいました。動いていると暑いのに、止まっているとどんどん寒くなってしまいます。すぐには発熱しない年頃なんですねえ、もう。でも、水に突っ込むのは決して嫌じゃないらしいです。

下山後は温泉に浸かってよく温まり、駅前の大好きな飲み屋さんで飲んだくれ。お店に行ったのは2年ぶりぐらい、でもおかあさんに覚えていてもらって、心底嬉しくて飲み過ぎました。この店ではいつも飲み過ぎてしまうのです。

いい沢でした。でも今度行くなら真夏だな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-29 18:12 | 山や岩のこと。 | Comments(0)