今月のお仕事

7月上旬に新刊が出ましたが、それ以外もぼちぼちと仕事しております。

ワンダーフォーゲル8月号(山と溪谷社)
特集は「岩とスリルの北アルプス案内」。
巻頭の座談会形式の記事「北アルプスの岩稜ルートとは?」の取材・執筆を行っております。お話をうかがったたのは、写真家の三宅岳さんと、山岳ガイドの水野隆信さん。北アルプスに精通したお二人に、おすすめのルートや岩稜の魅力についてお話をいただきました。たくさんよいお話をうかがったのですが、誌面にすると本当に少ししか書けないのがいつも残念。それでも、彼らの山や登山者に対する思い、人柄、話しぶりを行間から感じていただけたらと思います。

ちなみに、この号には付録がついています。オリジナルのサコッシュです。山でザック以外の入れものを体につける必要なないと思っている私ですが、登山以外のとき(電車や車での移動時)に非常に重宝しております。もはや手放せないアイテムになっております。ワンゲルさん、ありがとう!(違うか…)

NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」も、行っております。
今月は日の出山と、箱根の明神が岳へ。いずれも天気に恵まれ、気持ちよく歩くことができました。日の出山では久々に下山後につるつる温泉も…。本当につるつるになる、いい温泉であります。
あと、7月上旬に、講座の受講生向けイベントで那須岳へ。こちらは、山麓で雨が降っていてドキドキしましたが、山の上は高曇り、周りの山々がくっきりと見渡せて、これまた気持ちよく歩けました。下山後はオプショナルツアーで鹿の湯へ。きりっと高温、硫黄の匂い、あいかわらずの名湯であります。しかしやはり那須岳日帰りはもったいない。温泉宿でゆっくりしたかったなあ…。

ずうっと走り続けてきた原稿かきの仕事も、ようやく落ち着いてきました。8月は机仕事から少し離れて、仕事&プライベートで山三昧となりそうです。体調しっかり管理しなくては。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-07-27 19:57 | 仕事のこと。 | Comments(0)