寂寞。

寂寞:ものさびしいこと。ひっそりしたようす。

ずっとかかりきりになっていたガイドブックまるまる1冊の仕事が、本日校了しました。前の会社のKアニキから引き継ぎ、実質2ヶ月。ひとつのものを作っていく楽しさと苦しさを両方味わえた仕事でした。発売は7月20日。書店に出たら、告知しまっす。

今は、書類や資料が散乱した部屋の中。ちょっと抜け殻のようになっています。とりあえず明日からはもう、この本のことは考えなくていいんだな(いや、多少は考えなくてはいけません。印刷所から何か言われるかもしれないし、本が出たあとも、数カ月は気が抜けない…)。そう思うと、ちょっと、いやかなり、寂しい気持ちになります。大きな仕事が終わると、いつも思う寂寞の思い。

寂しがってボケボケしてもいられません。もう次の仕事をガンガン巻いていかないと。でもでも、今日はちょっとだけ、終わったことの余韻に浸ることにします。お疲れ、自分。
[PR]
Commented by ぽず at 2007-07-06 01:28 x
お疲れ!

自分にご褒美としてゆっくりした余韻の時間をあげてください^^)
Commented by ニシ at 2007-07-06 10:33 x
>ぽずー
ありがとう。なんとか無事に終わりました。
もう少し早く終われば、「ひとり新潟屋打ち上げ」するかと思っていたのだけど、結局別の場所で飲んだくれたのでした。今週はちょっとゆるめにいきます。
Commented by もりもり at 2007-07-06 18:43 x
終わった時の充足感、良いですよね~。

私の場合、5~6個のプロジェクトを平行して担当しているので、ある仕事が終わってもある仕事が佳境だったりで、息がつけないこともありますが…。
Commented by ニシ at 2007-07-06 19:21 x
>もりもり隊員殿
そうですね、こちらも通常はいくつかの仕事を同時進行させています。締切とか佳境の時期が重ならないよう、うまく振り分けていますが、先方の都合などでスケジュールがずれると、もろに火の車状態で発狂寸前(ナマハゲ状態?)になります…(苦笑)。
by toshizo-Ni | 2007-07-05 20:25 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)