ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏休みは西穂〜奥穂縦走

d0100314_22244819.jpg会の夏合宿で穂高にいってきました。

今回は上高地から西穂〜奥穂〜涸沢〜上高地という、2泊3日の縦走でした。会の先輩方と総勢6人で歩きました。西穂〜奥穂は、一般縦走路とはいえ、岩尾根が続く危険度の高いルート。以前から歩いてみたいと思っていたのですが、ようやく念願がかないました。例によって、山行記録は山ブログをご覧ください。一両日中にアップいたします。

やはり今回の核心は2日目。西穂山荘からジャンダルムを越え、奥穂高岳へ。そして一気に涸沢まで下ります。西穂高岳から奥穂高岳の間は、エアリアでは点線で表示される、岩尾根。地図で見ると距離も短いのですが、ものすごいアップダウンが続き、しかも岩・岩・岩…。緊張しますが、楽しい!気持ちいい!! しかし、うき石の多いガレがレの登り、下りもあり、やはり点線ルートは伊達ではありませんでした。

d0100314_2225029.jpg朝2:30に起き、3:30頃に出発して、涸沢に着いたのは16:15…。テント道具一式を担いで、13時間行動というのは、やはりこたえますね。天気にも恵まれ、最高の展望、可憐な高山植物を満喫しました。夜は満天の星空。天の川もくっきりと見え、流れ星もいくつか見られましたよ。 

今回は山ごはんも充実していました。はじめて御一緒するF先輩がつくるちらし寿司やポテトサラダ、麻婆茄子、カボチャサラダ、杏仁豆腐…。次々に出て来る、山メシと思えない美味しいものに驚愕、感動! ぜひ真似しようと思うものばかりでした。

当初の予定であった穂高登攀合宿ではありませんでしたが、充実した山行でした。いい夏休みでした。おつかれさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-08-19 22:26 | 山や岩のこと。 | Comments(8)
Commented by もりもり at 2007-08-20 18:41 x
おおお、テン泊装備かついで西穂~奥穂ですか・・・。
いつか行ってみたいんですが、もうちょっとクライミング技術というか、
バランス感覚養ってからにします。。

順番としても大キレットや不帰を越えてからかな~。
Commented by ニシ at 2007-08-20 22:20 x
>もりもり隊員殿
このルート、確実に岩を登る技術は確かに大切ですね。
けっこう岩がもろいところがあったり、うき石が多くてガレガレしているところもあり、落石をしない慎重で確実な歩行も必要だと思いました。
しかし、、何より体力かも。地図で見るとすごく短いのだけど、アップダウンも激しく、かなり時間がかかり、緊張もします。「楽しいよ、行ってみて」と安易に言えないルートですよね。

でも、いつか行ってみてくださいね。
Commented by やっち~ at 2007-08-20 22:21 x
私と逆ルートだ!馬の背、怖かったです。ジャンは今回登ってません。
槍から北穂に登る途中落石を受けかなりトラウマになってた私。
奥穂~西穂も落石多発地帯だったので緊張しました。
テント泊!凄い~~♪私は山小屋泊で今回は星を観てないな(涙)
ホントにすれ違いで残念です。
今回はもしかしたら他にもたくさんの人とすれ違ってたんでしょうね~
Commented by ニシ at 2007-08-21 00:21 x
>やっち〜さん
落石…。それは大変でしたね。ニシ穂〜奥穂を歩いているときは、自分が石を落とさないよう、むちゃくちゃ気を使って歩きました。
今回、知人とすれ違うことはなかったですが、案外にニアミスはあったのかもしれませんね。
Commented by あすか at 2007-08-21 09:06 x
ジャンダルム私も行ってみたいんです!!
でもまだキレットも越えたことないからキレット経験してからですかねぇ・・・
行くとしてもテント泊装備じゃむりそうですが。。。
Commented by ニシ at 2007-08-21 10:19 x
>あすかさん
ごぶさたしています。
そちらも、いい山行を重ねているようですね。最近はトレランも?
西穂〜奥穂越え…、ううん、経験というより、確実に歩ききる体力と、確実な歩行技術があれば、いけるかと。。
ちなみに今回、テン泊装備といっても、6人でテント2つだったので、15kg弱だったと思います。こんなルートでは、軽量化も大切な技術のひとつですね。
Commented by Ayano at 2007-08-22 21:33 x
ジャンダルムすごいね。
私もいつか!って思ってる。
素敵な写真ありがとー
Commented by ニシ at 2007-08-22 23:45 x
>Ayanoさん
あ、すみません。この写真、ジャンダルムじゃないんですよ。
なんでもないふつうのピーク。
(なんでもないふつうのピークでさえ、こんなきつさです)
すごくきついルートですが、歩きごたえがありますね。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧