岳人10月号

ちょこっと宣伝もかねて。

今月号の岳人、特集テーマが「心とカラダと山登り〜女性よ、もっと山へ!」。
先輩のライターさんが携わっています。妊娠、出産をしても、子育てをしながらでも、大好きな山を楽しみたい、続けていきたい、と思う人たちの指針となるような特集です。女性の側からだけでなく、男性…夫の側から見ても、気付くことが多いと思います。…というより、家族の理解、支えがあり、それを当たり前のものと思わず感謝する気持ちが、女性がずっと山を続けていく原動力となるのかな、と思ったりして。

正直、近い(遠い?)将来、子供を産むようなチャンスがあったとして、向こう数年は山から全く隔絶されてしまうなと思っていました。仕事なら継続できるけど、私にとっての「山」は、仕事ではない。出産しても、その前と変わらぬペースで山に行けるのは、特別な人だけなんだと思っていました。…でも、いろいろな人がいるのですね。自分のペースで、進めばよいのだな、と。

というわけで、岳人10月号、平山ユージさんとお子様の表紙が目印です。
たくさんの人に読んでもらいたいなぁ、と思います。
[PR]
Commented by やっち~ at 2007-09-21 22:35 x
私の知り合いも今回の岳人に記事書いてます。
と言うことで立ち読みですが読んでみました。
うちの会社の地下でビル内で働いている証明を見せると割引価格で
本が買えるらしいので、そこで買おうかな?って思ってます。
岳人ってチョッと難しいときがあるけど、今回の特集はナイスですよね。
因みにうちの妹も出産後も子供と一緒にクライミングや登山してます。
行く山域はちがくなりましたけどね!
Commented by ニシ at 2007-09-22 13:10 x
>やっち〜さん
岳人は「くろうと山ヤの本」というイメージがあり、ずっと手をつけずにいたのですが、今年は買うようになりました。特集もよいですが、1色ページの読み物も、かなり興味深いです。
今回の岳人、けっこう「ふつうの人」も妊娠中にハイキングを楽しんだりしているんだなぁ、って驚きでした。
by toshizo-Ni | 2007-09-21 09:24 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)