三つ峠ふたたび。

今日は会の岩登り訓練会で三つ峠へ。

…7月、9月に続き、今年3回目の三つ峠です。総勢7名、先週の山行で御一緒したS先輩、F沢先輩もいらっしゃいました(みんな、好きねえ…笑)。

はじめに一般ルート周辺でアップ。今日はF沢先輩、H先輩と3人でザイルを組みましたが、F沢先輩のはからいで、今日はH先輩とワタシが交互にリードをしました。私は一般ルート左をセカンドで登ったあと、リーダーズピッチをリードで。同じようなグレードのようなのですが、リーダーズピッチはホールドも豊富で登りやすかったような。セカンドのビレイもすんなりとセットできます。いい感じ。

早めのお昼休みのあと、草溝ルートに移動。1ピッチ目をセカンドで登り、2ピッチ目(第一クラック)をリードで。実は去年、初めての三つ峠で登ったのがここでした。セカンドでいっぱいいっぱいになって登った第一クラックを、今回はリードで…。1つめのクリップまでは問題なし。でも2つめが遠い…。しかもうまくヌンチャクがかけられず、細いシュリンゲを取り出すのに苦労。ここで落ちたらグランドフォール確実と思うと体がこわばるのがわかります。ひょえー。泥臭く必死で登り、なんとかビレイポイントへ。

その後、●●クラック?へ(名前要確認)。クライマーF沢先輩が華麗に登ったあとに登りますが…はじめがとりつけません。考えること数分。溝に体を入り込ませ、じりじりと背中と足で登っていきます。途中でちょっぴり「ズル」もします(苦笑)。先輩がクラックにひとつナッツを噛ませていたのですが、回収失敗…(またかよ!)。「ナッツ回収できませ〜ん!(by青島)」さらに乗り越すところで腕がいっぱいいっぱい&足場無しで5分以上セミ状態。下から先輩方が「ガンバー」と笑っておられました。とほほ。なんとか登りきり、今日の訓練会は終了。

リードも上手くなってきたと先輩におほめの言葉をいただきましたが、いっぱいいっぱいになるとまだまだ駄目です。少し周りが見えてくると、かえって怖さが見えてくるものなのかなぁ。余裕のある部分とそうでない部分の差が激しいというか。もう、うまくいかなくてボロボロ、体も痛いのですが、結局楽しいんだなぁ。もっと楽しく、かっこよく登りたい、いろんな岩を登りたい。帰りに話をしていたら「ニシさんはホントに岩が大好きなんですね」って後輩に言われてしまいました。…ううん、そうかも。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-10-15 01:48 | 山や岩のこと。 | Comments(0)