ど〜なってるの?

風邪の症状も徐々に落ち着き、今日は朝から仕事。

そんなときにかかってきた、1件の電話。夏に取材執筆をしていたガイドブックで、電話取材をさせていただいたお店からでした。
「10月下旬発売とうかがっていましたが、もう本は出ていますか?」
…ぐげ。

この本、後輩のライター経由で個人のプロダクションから受けた仕事だったのだけど、物件の確定が遅れ、レイアウトもなかなか上がってこなくて、さらに原稿をアップしたあとに初校も全然出て来なかった…というシロモノ。仕事の話があったのは7月、取材を始めたのが8月。その時点で10月下旬というのは十分危うかったのだけど…。

編集を担当しているプロダクションとはほとんど面識がないので、こちらから進ちょく状況を聞く事もできません。仕方ないので後輩に連絡をし、今どんな状況なのか、本はいつ出る予定なのかを確認してほしい旨、お願いしました。…とほほ。

取材件数も多く、まるまる1ヶ月、取材と原稿かきに費やしたので、これが原稿料としてなかなか入ってこないのは、非常に痛いのです。…いや、本になればいつかは入ってくるのだけど、一番怖いのは「実は本が出なくなった」って場合。原稿料が入って来ないのも痛いし、取材したお店や施設に「実は出なくなりました、すみません」と報告するのも痛い(気持ちの問題でも、仕事の手間としても)。個人のプロダクションらしいので、本が出なくても最低限の仕事料を払え、といってもたぶん無理だし。

教訓。
どんなに仕事が欲しいときでも、内容が面白いと思われる仕事でも、元締めがしっかりしている、信頼できるところを選ぶべし。
[PR]
Commented at 2007-12-01 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-12-02 00:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by toshizo-Ni | 2007-12-01 11:02 | 仕事のこと。 | Comments(2)