ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雪上訓練・谷川岳

土日に、所属する会の雪上訓練にいってきました。

今回の訓練地は谷川岳西黒尾根。登山歴数十年のベテラン、S親方をリーダーに、総勢5名。週末は悪天候…という予報でしたが、「冬山に『中止』という選択肢はない」という親方の鶴の一声で開催決定。

初日は土合から西黒尾根にとりつき、小ピークの先の広場まで。今回はロープや食料を背負っていて、重量およそ20kg。重さがかなりこたえますが、歩き始めてリズムが掴めてくると、足も進むようになりました。尾根に出ると周辺の山々がきれいに見渡せて気持ちいい! テント設営後に深い雪の斜面をラッセルする訓練や、滑落停止訓練(といっても雪がフカフカすぎてあまり訓練にならず)などをしました。

訓練後はテントで飲み、食べ、語り。夕食のキムチ鍋、一応好評でした。そして夜は満天の星空に感動。気温もそれほど下がらず、気持ちよく眠れました。

日曜日は朝から軽く吹雪(ある意味予定通り…)。とりあえずいけるところまで行くということで、ザイルをつないで稜線をラッセルしながら進みます。森林限界をこえてしばらく歩いたところで、「この先は雪崩の心配もあるので、今日はここで引き返そう」という親方の判断により、来た道を戻ります。途中、ちょっとした岩蔭でツェルトをかぶって休憩(ビバークの訓練です)。

テントに戻りふたたび重いザックをかついで下山。私のルートミスでプチ薮こぎ&新雪ラッセルになりましたが、なんとか無事に下山できました。よかった…(涙)。特急水上に乗り、帰京。赤羽で途中下車し、OK横町の酒場で打ち上げて、やや泥酔して帰宅したのでした。

ホントに充実の訓練でした。個人的には苦手だったラッセルのコツがもう少しでつかめそう。ラッセル、テント生活、ルートの判断。ベテランの親方から直接指導が受けられ、いろいろなお話がうかがえたのが本当に有り難いことです。この訓練が生きてくるように、今年はどんどん雪のある山へ行こう! おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-17 11:55 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by もりもり at 2007-12-18 16:40 x
うう~冬山、楽しそう。。。
やりたいと思いながら、他に使っちゃってお金が貯まらない(苦笑)
今年の冬は、トレランかな~。
Commented by ニシ at 2007-12-18 22:04 x
>もりもりさん
冬山、難しさはありますが、楽しいですよ〜(笑)。
やりたいこといっぱいだと、優先順位をつけていかないとね。
冬山は装備にせよ、技術を身につけることにしろ、
やはり先行投資が必要ですよね。
お互い、来年も楽しく山とつきあっていけるとよいですな〜。
Commented by もりもり at 2007-12-19 17:00 x
ですね~。楽しいこと、やりたいことがいっぱいです。

トレランはかなり、自分の中でヒットしているので、
体力がある今の内に、もうちょいのめり込んでおこうと思います。
Commented by ニシ at 2007-12-19 18:06 x
>もりもりさん
ホントに、トレランにはまっておられますな〜。

体力があるうちでないとできないこと、ありますよね。
私の場合、体力もそうだし、生活環境も今のままずっと進むとは
限らないので「今したいこと、今でないとできないこと」を
いつも考えてしまうなぁ。仕事でも、遊びでも。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧